MENU

仕事をしていなくてもノンピリはできない

転職先が決まっていない人はハローワークで雇用保険の手続きを

すぐに転職先に入社するのであれば、保険や年金、税金などの手続きは会社が行うので、必要書類を提出すれば0Kです。ただ、失業期間が生じる場合は、各公的機関での手続きが必要です。
雇用保険に関しては、居住地を管轄するハローワークで手続きすることになります。

 

手続きには、退職した会社から受け取る離職票、雇用保険被保険者証と、印鑑、写真付きの身分証明書(運転免許証など)、証明書用の顔写真2枚、普通預金通帳を持参します。

 

退職日までに雇用保険の被保険者であった期間が1年以上あり、転職活動をしていれば、 一定期間経過後に失業給付金を受け取ることができます。

 

支給開始時期は退職が自己都合か会社都合かによって異なりますので、詳細はハローワークで確認してください。

健康保険、年金、税金、やることは結構ある

健康保険は、退職した会社で加入していた健康保険に引き続き加入する@任意継続被保険者制度を利用するか、A国民健康保険に加入するかを選択します。

 

@の保険料は社会保険事務所や健康保険組合で、Aは、居住地の市区町村役所・役場で確認できます。

 

年金は、年金手帳など必要書類を持参して、自分の住民票がある役所で国民年金への変更手続きを行います。
扶養者がいる人は手続きが異なる場合があるので、社会保険事務所で確認してみてください。

 

また、年度末には居住地を管轄する税務署で所得税の確定申告を行う必要があり、この際には源泉徴収票が必要になります。
住民税が天引きされていた場合、役所に分割で納付するなどしなければならないので、居住地の役所に問い合わせてみましょう。

関連ページ

転職だからこそビジネスマナーに気を配る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
採用担当者の「目の通しやすさ」を意識する
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピールツールとして添え状を有効活用
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
素早い対応は意欲を伝える武器になる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
内定通知をもらった後の対応
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
退職までのスケジュール管理も大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
引き継ぎはキツチリ&計画的に!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。