MENU

退職・再就職時の実務関係を知る

引き継ぎ事項は文書にまとめあいさつ関係も忘れずに

「立つ鳥跡を濁さず」をまっとうするために大切なポイントは、業務の引き継ぎをキツチリと行っておくことです。口頭で伝えるだけではなく、伝え漏れや誤解を防ぐためにも、引き継ぎ事項は文書化しておきましょう。

 

書き出す項目は、業務別に「業務内容」「手順」「資料の置き場所」「注意点」などと整理しておくと便利です。また、取引先についてはリスト化し、契約内容や社風、経営状況など、担当者しか把握していないことは必ず書き添えておきます。

 

顧客やクライアントを持っている人は、後任者と一緒にあいさつまわりを行います。また、退職の1週間程度前にはメールや」ハガキでお世話になった人へ感謝の気持ちを込め、あいさつ状を送ります。

転職先への提出物は忘れずにチェツクリストで確認を

退職日にはデスク周りなどの掃除をし、社内の人にも一人ひとりにあいさつをしてまわりましょう。会社から借りていた制服やカギ、従業員であることを示す社員章などは返却します。健康保険は退職と同時脱退することになりますので、健康保険被保険者証も返却しましょう。

 

また、転職先の会社から雇用保険被保険者証や源泉徴収票など、入社日に提出を求められるものがあると思います。年金手帳を預けている場合は、必ず受け取りを忘れずに。中には退職証明書の提出を求める会社もありますので、必要書類のチェツクリストを作るなどして受け取り漏れのないようにしてください。

 

内定から入社日まで1か月以上あく場合は、転職先の会社に退職交渉の状況を報告すると親切でしよう。

関連ページ

転職だからこそビジネスマナーに気を配る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
採用担当者の「目の通しやすさ」を意識する
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピールツールとして添え状を有効活用
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
素早い対応は意欲を伝える武器になる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
内定通知をもらった後の対応
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
退職までのスケジュール管理も大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
保険や年金、税金などの手続き
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。