MENU

転職先の入社日に合わせて、スケジュールを立てる

円満に退職するために1か月以上前には意志を伝える

会社の就業規則には、「退職の意志は○か月前( 般的に1か月前)までには伝える」という規定があります。基本的には、この期日までに退職願を上司や責任部署に提出すれば退職できます。

 

また、労働基準法では2週間前に退職の意思表示をすれば、会社側の承諾の有無にかかわらず、自動的に労働契約は終了することになっています。

 

とはいえ円満に退職するためには、1か月以上前には意志を伝えておく必要があります。なぜなら、後任者へ業務引き継ぎが十分でないなどで、会社側が反発して関係がこじれることもあるからです。

 

転職先への入社が遅れることのないよう、なるべく早く退職の意志は伝えておきましよう。

まずは直属の上司に口頭で退職スケジュールの管理も大切

内定から入社までの期間は一般的に1〜2か月程度です。転職先の入社日から希望退職日を割り出し、いつ退職願を出しておくべきか、など具体的にスケジュールを管理しておきます。

 

手順としては、まず退職の意向を回頭で直属の上司に伝えます。その上司を飛び越えて、部長に先に伝えてしまったり、同僚に漏らしたことが直属の上司に伝わったりすると、上司は顔をつぶされたと感じ、無用のトラブルに発展することがあるので注意してください。

 

上司のスケジュールを確認しておくことも大切です。「上司が1か月間出張に出ており、退職交渉ができない」といケースもあります。

 

また、特に金融業界で多いのですが、部下が退職するとその上司をマイナス査定する会社もあります。そのような会社では、退職交渉はかなり難航することが多いので注意しましょう。

関連ページ

転職だからこそビジネスマナーに気を配る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
採用担当者の「目の通しやすさ」を意識する
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピールツールとして添え状を有効活用
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
素早い対応は意欲を伝える武器になる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
内定通知をもらった後の対応
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
引き継ぎはキツチリ&計画的に!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
保険や年金、税金などの手続き
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。