MENU

添え状(カバーレター) の書き方

添え状はビジネス文書″見やすくスツキリ“がベスト

一般的なビジネスシーンで書類を送るとき、送付した日付や送付者の住所。氏名、簡単なあいさつ文を添えた「送付状」を同送するのがマナーとなっています。
ファツクスであってもメインの送付物の前に、「こういうものを送ります」ということを記した送付状を添えるのが通例です。

 

これと同様、転職シーンでも応募書類を送る場合は、「添え状」を同封した方が丁寧な印象を与えられます。求人広告では応募書類として「履歴書L職務経歴書」のみが指定されていたとしても、必ず添え状を付けるべきでしよう。

 

特に決まりはありませんが、用紙はA4判が一般的です。ビジネス文書ですので、凝る必要もありません。左図を参考に見やすくスッキリまとめてあればOKです。

最も強調したいことを記入マイナス要因のフオローも可

弊社ではアドバイザーが応募書類の送付を代行するので、応募者が直接企業に応募書類を送ることはありません。ただ、アドバイザーが企業に書類を送るときは、「○○さんの○○のスキルが御社で生かせると思います」など、応募者についての「推薦コメント」を書いたフエイスシートを添付します。

 

それにより採用担当者に、とりわけ注目してほしいことを印象付けるのです。同様に、添え状で自分の最もアピールしたいポイントを示しておくことは大切です。長すぎては読んでもらえませんで、簡潔にまとめるよう心掛けましょう。

 

また、「ブランクがあるL年齢に少し不安がある」などのマイナス要因や不安なことがある場合は、添え状で熱意や経験を示すことでフォローすることもできます。

 

 

 

関連ページ

転職だからこそビジネスマナーに気を配る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
採用担当者の「目の通しやすさ」を意識する
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
素早い対応は意欲を伝える武器になる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
内定通知をもらった後の対応
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
退職までのスケジュール管理も大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
引き継ぎはキツチリ&計画的に!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
保険や年金、税金などの手続き
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。