MENU

仕分けのしやすさなど細かなところまで配慮を

採用担当者がまず目にする表書き自分の氏名は裏側に書く

応募書類を受け取ったとき、採用担当者がまず目にするのは封筒の表書きです。ここでも悪い印象を与えないよう、基本的なエチケットは押さえておきましょう。
会社名は「(株)」や「(有)」などと略さず、正式名称で記入します。

 

「株式会社○○」と書くべきところを、「○○株式会社」と間違えるのは当然ながらNGです。宛名敬称の書き方(会社・部署名の場合は「御中」とする、など)も基本マナーであるだけに、間違った場合は立ってしまいます。

 

自分の住所氏名は裏側に書きます。郵便番号や投函する日付も忘れずに書き添えましょう。

応募書類は相手の読む順番で入れておく

先方の仕分けのしやすさを考え、表書きの左下に赤いペンで「応募書類在中」と書き、四角く囲っておくことは忘れないようにしましよう。また、市販の履歴書に付いている「応募書類在中」と印字された封筒を使用するのもOKです。

 

別売りの封筒を使用する場合は、茶色や白など、ビジネスシーンで浮かない無地で地味な色のものを選びます。大きさはあまり気にする必要はありませんが、応募書類を持参する場合は持っていった場ですぐ中身を確認される場合があります。

 

書類は折らずにA4判の封筒に入れ、封をしないで持っていくのが一般的です。また、書類は、相手が目を通す順番に入れるのが常識です。応募書類の場合は、「添え状「履歴書」「職務経歴書」の順に重ね、書類の表側が封筒の表側にくるように入れてください。

 

封をするときは、テープではなくノリを使い、「〆」や「封」と必ず書いておきましょう。

関連ページ

転職だからこそビジネスマナーに気を配る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピールツールとして添え状を有効活用
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
素早い対応は意欲を伝える武器になる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
内定通知をもらった後の対応
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
退職までのスケジュール管理も大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
引き継ぎはキツチリ&計画的に!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
保険や年金、税金などの手続き
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。