MENU

初めて接する瞬間からマナーは見られている

「即戦力として敵用する」ことをビジネスマナーでもアピール

企業は転職者に即戦力としての活躍を期待しています。応募の際は、キャリアやスキルを見られていると同時に、「この人をお客様に会わせられるだろうか」という視点でも見られていることを忘れないようにししょう。

 

ビジネスマナーは、応募者と企業が初めて接する段階からチェックされています。

 

企業が開催する就職説明会などでは、企業側が参加者それぞれの態度などを必ず見ていると思っていてください。つい気を抜きがちなシーンですが、肘をついて説明を聞いていた参加者が、選考過程で敬遠されてしまうようなこともあります。

 

無駄な失点をしないよう、面接時と同様にみだしなみを整えることはもちろん、説明を聞く間の姿勢など、細かな点にも気を配りましよう。

非常識なメールはNG先方の処理のしやすさを考える

最近はウェブサイトからの応募。問い合わせが増えていることもあり、企業と応募者とのやりとりはメールを利用するのが一般的です。
メールは封書に比べるとマナーを意識しにくいツールではありますが、件名空欄、メールの意図が分かりにくい、など非常識なメールは敬遠されます。

 

かたや要領よくまとめられているメールは、実務能力が高い印象を与えます。

 

1日に膨大な数のメールを送受信する企業もあるので、仕分けや処理のしやすさを考え、メールを送る場合は「事務職求人に関す問い合わせ」「営業職への応募の件にて」などと必ず「件名」を分かりやすい言葉で記載します。
本文中には、求人を見た媒体名や日付、氏名、電話(携帯)番号やメールアドレスなどの連絡先も記載しておきましょう。

 

関連ページ

採用担当者の「目の通しやすさ」を意識する
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピールツールとして添え状を有効活用
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
素早い対応は意欲を伝える武器になる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
内定通知をもらった後の対応
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
退職までのスケジュール管理も大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
引き継ぎはキツチリ&計画的に!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
保険や年金、税金などの手続き
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。