MENU

転職時のマナーと手続き記事一覧

初めて接する瞬間からマナーは見られている「即戦力として敵用する」ことをビジネスマナーでもアピール企業は転職者に即戦力としての活躍を期待しています。応募の際は、キャリアやスキルを見られていると同時に、「この人をお客様に会わせられるだろうか」という視点でも見られていることを忘れないようにししょう。ビジネスマナーは、応募者と企業が初めて接する段階からチェックされています。企業が開催する就職説明会などでは...

仕分けのしやすさなど細かなところまで配慮を採用担当者がまず目にする表書き自分の氏名は裏側に書く応募書類を受け取ったとき、採用担当者がまず目にするのは封筒の表書きです。ここでも悪い印象を与えないよう、基本的なエチケットは押さえておきましょう。会社名は「(株)」や「(有)」などと略さず、正式名称で記入します。「株式会社○○」と書くべきところを、「○○株式会社」と間違えるのは当然ながらNGです。宛名敬称...

添え状(カバーレター) の書き方添え状はビジネス文書″見やすくスツキリ“がベスト一般的なビジネスシーンで書類を送るとき、送付した日付や送付者の住所。氏名、簡単なあいさつ文を添えた「送付状」を同送するのがマナーとなっています。ファツクスであってもメインの送付物の前に、「こういうものを送ります」ということを記した送付状を添えるのが通例です。これと同様、転職シーンでも応募書類を送る場合は、「添え状」を同...

送付書類の合否の連絡と問い合わせ方素早いレスボンスが鉄則ただし在職中は配慮も必要書類選考の合否については、企業が合格者へ直接メールを送り、面接の日時を指定するなどして、日程調整を依頼することが多いようです。日時を指定された場合、応募者はなるべく早くに返信しましょう。採用担当者は、応募者の素早い対応から「誠実な人だ」「意欲がある」という印象を受けるはずです。できる限り指定日時で面接を受けることが好ま...

書面で条件を確認し、期日内に返答しよう書面で労働条件を確認期日内の返答も採用条件のうち一般的に、企業側は採用したい応募者に対し、「内定(採用)通知書」という書面を提示します。様々な労働条件(給与や所定勤務時間など)が記されていますので、慎重に確認しましょう。労働基準法では、一雇用契約締結時に(内定から最低でも入社日までには)給与や勤務時間などの労働条件を書面で明示するよう義務付けています。企業側が...

転職先の入社日に合わせて、スケジュールを立てる円満に退職するために1か月以上前には意志を伝える会社の就業規則には、「退職の意志は○か月前( 般的に1か月前)までには伝える」という規定があります。基本的には、この期日までに退職願を上司や責任部署に提出すれば退職できます。また、労働基準法では2週間前に退職の意思表示をすれば、会社側の承諾の有無にかかわらず、自動的に労働契約は終了することになっています。...

退職・再就職時の実務関係を知る引き継ぎ事項は文書にまとめあいさつ関係も忘れずに「立つ鳥跡を濁さず」をまっとうするために大切なポイントは、業務の引き継ぎをキツチリと行っておくことです。口頭で伝えるだけではなく、伝え漏れや誤解を防ぐためにも、引き継ぎ事項は文書化しておきましょう。書き出す項目は、業務別に「業務内容」「手順」「資料の置き場所」「注意点」などと整理しておくと便利です。また、取引先については...

仕事をしていなくてもノンピリはできない転職先が決まっていない人はハローワークで雇用保険の手続きをすぐに転職先に入社するのであれば、保険や年金、税金などの手続きは会社が行うので、必要書類を提出すれば0Kです。ただ、失業期間が生じる場合は、各公的機関での手続きが必要です。雇用保険に関しては、居住地を管轄するハローワークで手続きすることになります。手続きには、退職した会社から受け取る離職票、雇用保険被保...