MENU

自らなじもうとする努力が必要

「転職先の居心地がいい」は50%「転職先に不満」は50%

転職した後の心構えとして知っておいてほしいのは、転職して「居心地がいい」という人は50%で、残り半数は転職先に不満を持っているということです。

 

異業界から保険会社に転職した人から「保険会社に入ったけれど、特約事項とか約款とか、専門用語が飛び交っていて、会議に出ても何が話し合われているのか分からずつまらない」という相談を受けたことがあります。

 

この人に、「新しい会社は外国と思うべきですよ」とアドバイスしました。たとえばアメリカに移住して、「なんでみんな英語しゃべってるの?言葉通じないじゃん」と文句を言っても仕方ないですよね。
言葉を否定してみても、アメリカにはなじめない。「そこでどう自分が生活していくのか」を考えるのが本来すべきことなのです。

ラミレスの日本球界成功術は転職成功術に応用できる

読売巨人軍のラミレス選手は、日本球界で成功する方法として「チーム内で友達を作ること」を挙げているそうです。また「変な日本語を覚えて周りを笑わせろ」「日本食を食べなさい」ということも言っています。つまり、「日本に溶け込む努力をしろ」ということです。

 

「日本の野球に合わない」と言って母国へ帰る外国人選手が多い中、ラミレス選手は日本の球団で活躍を続けています。ベネズエラに生まれメジャーリーグを経て、日本にやってきた。その中で、うまくチームに溶け込む術を自然と身に付けたのかもしれません。

 

この「日本球界で成功するための方法」は、転職者が転職先で成功するための方法としても有効です。新天地で活躍するためには、自ら新しい職場になじむ努力が必要なのです。

まずは言葉を覚える努力を不満は自ら打開することが第一

しつこいようですが、転職先は違う文化を持つ「外国」です。まずはその国の言葉を覚える努力をしてみましょう。業界が異なれば使われている専門用語が分からないでしょうし、たとえ同じ業界内での転職であっても、それぞれの会社の「社内用語」があります。

 

言葉が分からなければ、「それはどういう意味ですか?」と聞いてみることも大切です。聞く人と、言葉が分からないままじっと黙っている人とでは、周囲の関わり方も変わってきます。

 

それから「前の会社ではみんな仲良かったのに……」と不満を持っているのであれば、「飲みにつれていってください」と自ら声をかけてみましょう。

 

現実を打開するには、自分で行動することが第一です。

 

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職場に対する不満はまわりのせい?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「自分が変えていく」という姿勢が大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
頑張っても評価をされない人とは?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「先が見えない」と悩むことはない!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
働きやすい環境は自分で作る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
意識の持ち方とその改善方法
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。