MENU

変えられるものを変え、負の感情を打開

「変えられるもの」と「変えられないもの」を区分け

自分の周囲には、「変えられるもの」と「変えられないもの」があります。たとえば「自分」は変えられますが、「他人」は変えられません。「思考」や「行動」は変えられますが、「感情」と「生理反応」は変えられません「未来」は変えられますが、「過去」は変えられません。

 

会社や仕事に不満を持っている人は、「変えられないもの」にとらわれる傾向が強いようです。

 

たとえば、あなたが上司を「本当に嫌なヤツー」と思っていたとしても、ある日、急にその上司が態度を変え、あなたにとっ「いい人」になることはありません。
「嫌なヤツー」と思っていたところで、疲れるのは自分ばかりです。

壁にぶつかったら「変えられるもの」を変える

変えられないものにパワーを費やしているのは本当に疲れますし、損です。ここで嫌いな上司がいたAさんの例を紹介しましょう。

 

Aさんは上司に言われた「腹の立つこと」をノートに書き留めていきました。それを眺めていると、「うまく人の気持ちを逆なでする言葉を使っているな」と感心できたそうです。それからは「今度は何を言ってくるかな」「またうまいこと言った!」「今日はいまいち」などと観察するのが楽しみになり、さらに「ネタとしておいしい」と思えるようになったと言います。

 

自分のこととはいえ、急に「感情」を変えるのも難しいものです。Aさんはここに「書き留める」という行動を加えたことで、言葉の受け止め方、感じ方を変えることができたのです。

 

何か壁にぶつかったら、「変えられるもの「変えられないもの」をまず考え、「どうとらえて、どう考え直せばいいのか」という視点を持つことが大切です。

物事をとらえ直す6つの切り替え法

物事のとらえ直し方として、視点の切り替え法(タイムスイッチ、ズームスイツチ、ロールスイツチ、ゴールフォーカス、チャンスフォーカス、リスクフォーカス)を紹介します。Aさんの例は、「チャンスフォーカス」を使っています。「チャンスフォーカス」とは、大変な状況の中でしたたかにチヤンスを狙いにいく感覚です。

 

「大変だとは思うけど、後々ネタとして使えるかも」とか、「不幸な環境だけど、ここを乗り越えれば周囲からの評価も変わる」などと、物事のチャンスに意識を置く方法です。

 

このような切り替え法を知っていると、負の感情を払拭できるだけではなく、ビジネス面でも多角的な視野が持てるはずです。

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職場に対する不満はまわりのせい?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「自分が変えていく」という姿勢が大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
頑張っても評価をされない人とは?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「先が見えない」と悩むことはない!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
働きやすい環境は自分で作る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
住めば都。異文化への適応力
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。