MENU

社内での人脈作りも大事な要素

働きやすい環境作りには「自己開示」が必要

「働きやすい環境」とは、「自分のことを分かってくれている人たちがいる環境」ではないでしょうか。自分のことを分かってくれていると感じることは、安心感につながります。

 

たとえば、初対面の人と会うとき、相手の情報がまったくなければ、緊張したり、様子をうかがったりするものです。しかしブログなどでその人の考え方や感じ方を知っていると、少し話環境になっているはずです。

 

今働いている会社でこのような環境を作るために何をすべきかと言えば、「自己開示」です。「自分はこういうふうに物事をとらえ、考える人だ」ということを周囲に示していかなければなりません。社内の飲み会に積極的に参加することも大切です。

 

ビジネスシーンでは、社外で人脈を築くことが重要視されがちですが、社内に人脈を築くことも同じように大切なのです。

ポイントは「おはようございます」

ただし、一方的に自分のことを伝えていてもよい関係はできません。最初は恥ずかしいかもしれませんが、毎朝しっかり「おはようございます」とあいさつをしてみましょう。互いにコミュニケーションをとりやすくするのに、「あいさつ」はとても役立ちます。

 

毎日続けていると必ず気が付くことがありますので、それをきっかけにコミュニケーションをとってください。たとえば、「いつも元気にあいさつを返してくれる人なのに元気がないな」と感じたら、「元気がないですね?」と聞いてみることができるでしょう。

 

このような簡単なコミュニケーションがとれるようになれば、「僕は○○だと思いますが、どう思います?」など相談するタイミングも計りやすくなります。

サツカーのプロは初練習で自己紹介

働きやすい環境作りのための行動としては、元日本代表サッカー選手の藤田俊哉選手の例が挙げられます。藤田選手がかつてオランダのチームに移籍した際、初練習の開始2時間前からクラブハウスに行き、やってくる選手すべてに自己紹介をしたそうです。

 

海外のプロサッカー界では、「新人にはなかなかボールが回ってこない」という話をよく聞きます。ボールが回ってこなければ、自分のプレーを見せ、アピールすることができず、レギュラーヘの定着もままなりません。

 

会社に置き換えれば新入社員と同じなので信頼を得るまでは仕方のないことなのかもしれません。しかし藤田選手は、練習前の自己紹介で、チームメイトヘの好感度を上げ、自ら活躍できる場を広げようとしたのです。

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職場に対する不満はまわりのせい?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「自分が変えていく」という姿勢が大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
頑張っても評価をされない人とは?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「先が見えない」と悩むことはない!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
意識の持ち方とその改善方法
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
住めば都。異文化への適応力
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。