MENU

大きな方向性をイメージできればOK

社会のスピードが速い時代に先がイメージできないのは当然

相談者の中には、「先が見えないから不安だ」という人も多くいます。こういう相談に対しては、「先が見えないのは普通のことですよ」とアドバイスしています。

 

よく10年先のプランを持っておくべきだなどと言われますが、現在は産業の盛衰を含め、社会のスピードが速い時代です。今自分が働いている会社が「10年後必ず存在している」と言い切れる人は数少ないのではないでしようか。

 

「10年後には独立して会計事務所を開きたい」など、起業やスペシャリスト志向で具体的なイメージを持っている人は別ですが、そうではない人が、先が見えないからと思い悩む必要はありません。

表現の方法は人それぞれ方向性やイメージでOK

ただし、大まかな将来の方向性やイメージは持っておいた方がよいでしょう。表現の方法は人それぞれでかまいません。「周囲からあいつじやなきゃだめだ、と言われる人になりたい」という表現でも十分です。

 

大事なのは、「じゃあ、そのためにはどうしたらよいか?」を考えることです。周囲から必要とされたいのならば「困難な仕事でも逃げずにやり遂げる」といったことでもかまいません。

 

また「将来この会社で役員を目指したい」と考えているのであれば、「一通りの現場の仕事を覚えておく」や「経営に関わるような数字を理解しておく」など、「どうしたらよいか?」を考えることで、具体的な行動の目が見えてくるはずです。

 

先が見えないと思い悩むより、このように、大まかなイメージに向かって、着実に実績を作っていくこと、自分の強みを培うことをまずは考えてみましょう。

 

 

 

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職場に対する不満はまわりのせい?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「自分が変えていく」という姿勢が大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
頑張っても評価をされない人とは?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
働きやすい環境は自分で作る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
意識の持ち方とその改善方法
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
住めば都。異文化への適応力
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。