MENU

コミュニケーションの不足が一番大きな原因

上司の期待を正しく理解する

「頑張っているのに評価されない」という言葉は、相談にくる人の3分の1が口にします。このことの一番大きな原因は、「コミュニケーションの不足」だと考えられます。
たとえば、「会社から何を期待されているのか」をよく理解していない人は多くいます。

 

極端な例で言えば、営業職の人で「新規の顧客開拓」を期待されているのに、「既存顧客のルート営業」ばかり熱心にやっていれば評価はされにくいでしょう。
評価に不満があり、「会社が自分に何を期待しているのか」がよく分からないという人は、上司と一度きちんと話をすることが必要です。

 

話しかけにくい上司でも「仕事のことでご相談があります」と言えば、たいていは相談にのってくれるでしょう。

評価が期待できなければ3年かけて強みを培う

成熟し停滞気味の会社では、若手社員への期待が薄く、評価そのものがされにくいことがあります。

 

「どうせ評価されないなら、頑張らない」などとあきらめて会社の雰囲気に流されてしまうと、自分の力は伸びず、いざ転職を考えたときに「アピールできる強みがない」という事態にもなりかねません。

 

このようにそもそも会社から社員への期待感が薄い場合や、上司と話をしても評価の仕方への不満が解消されないのであれば、頭を切り替えて「自分の強み作り」に視点を移すことをおすすめします。

 

入社後3年未満での転職はキャリアの傷になりかねません。そんなリスクを冒すよりは、「厳しい環境で3年間頑張った」という実績を作るのです。すぐに辞めずに頑張ったことは必ず強みにつながります。

コミュニケーション不足は上司にも責任がある

コミュニケーションの不足は、上司にも問題があります。営業職の4人でたとえてみましょう。

 

Aさんは、頑張って営業し、売上が上がったので給料もアップしました。Bさんは頑張らなかったけれど売上は上がったので給料アップ。⊂さんは、頑張ったけれど売上は低かったために給料は据え置き。Dさんは頑張りもせず売上も低かったので据え置きでした。

 

ここで不満を持ちやすいのはCさんです。「Bさんより頑張っているのに」と、会社の評価に不満を持つでしょう。本来ならば、上司から「頑張ったな」という一言が必要です。
「俺は見ているぞ」という表現が不満を解消させる一助になるのですが、これが欠けているケースが増えているようです。

 

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職場に対する不満はまわりのせい?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「自分が変えていく」という姿勢が大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「先が見えない」と悩むことはない!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
働きやすい環境は自分で作る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
意識の持ち方とその改善方法
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
住めば都。異文化への適応力
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。