MENU

今の会社が自分に合っていないと思うこととは?

会社と目分が永遠に合い続けることはない

まず大前提として、会社と自分が永遠に合い続けることはありません。私も「会社が自分に合っている」と思う時期もあれば、「合っていない」と思う時期もありました。そして「合わない」と思う時期には、会社や仕事に対して何らかの不満を持っていました。

 

それでも30年近くリクルートグループに在籍しています。
なぜ転職しなかったのかと言えば、「自分が何もしないのに、会社と一生合い続けるということがない」と思うからです。

 

たとえば、「次の会社では自分のやりたいことがやれる」といって転職したとしても、当初は希望と合っていた転職先の方針が途中で変わることも考えられます。それでまた転職を繰り返してしまうのならば、今置かれている状況でいかに「やりたいこと」に近づくかといった新たな視点で仕事に取り組んだ方がよいでしょう

企業が求めているのはあなたの批判ではない

全国的に有名な食品チエーン店で働いていたAさんが、全国に店舗展開を目指す中小企業に転職したことがありました。

 

しばらくすると、Aさんは転職先の食品保存のシステムや消費期限の守リ方が曖昧だとして、「あんなやり方ではだめだ。方針が合わないから転職したい」と相談にきました。

 

しかしやり方がだめだと思うならば、これまで培ってきた経験を生かし、作り変えていくべきなのです。入社したばかりでは難しいかもしれませんが、時間をかけて信頼を得ながらよい方法を構築するべきでしよう。
それが転職先の企業から望まれていることであったりもするのです。

「合わない→転職」から抜けられない人とは?

転職する人は、「転職先では自分が望む条件が完壁に満たされる」と思いがちです。しかし「会社が自分の条件を満たしてくれる」という受け身の人は、「会社が合わないから転職する」というパターンから永遠に抜けられません。

 

「合う」会社を見つけるためには、譲れない条件に優先順位をつけることも必要です。これは実際に会社で働くときにも言えます。たとえば、会社の方針で仕事のやり方が大きく変わったとしても、「この人と仕事ができるのならば」や「このプロジエクトに携われるならば」など、自分の軸と優先順位を決めておくのです。

 

第1条件が満たされるなら、第2・3は目をつぶるなど、変化に対応する力として身に付けておきましょう。

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職場に対する不満はまわりのせい?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
頑張っても評価をされない人とは?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「先が見えない」と悩むことはない!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
働きやすい環境は自分で作る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
意識の持ち方とその改善方法
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
住めば都。異文化への適応力
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。