MENU

異世代とのコミュニケーションで視野を広げよう

第二新率者に多い退職理由は「尊敬できる先輩がいない」

特に第二新卒で転職を考えている人に多いのですが、職場への不満として「尊敬できる先輩がいないL学ぶべきものがない」などと話す人がいます。

 

しかしよく話を聞いていくと、自分の半径5メートルぐらいの狭い世界だけでそう判断している人が大半です。上司やトツプセールスの人と話をしたり、仕事のやり方をのぞき見したりしたこともない状態で、結論を出してしまう傾向が強くあります。

 

またそういう人は、まだ単調な業務しか与ヽえられておらず、自分がイメージしていた華やかな仕事をしていないケースが多いのです。

 

助走期間がなければ、うまく飛ぶことができないのは当然のことなのに、結果を早く求めようとする人が多くなっています。

携帯やメールの漫透で視野が狭まっている

このような傾向の要因として、携帯電話やメールなどのツールが発達したことが考えられます。簡単に連絡が取りやすい同期や同年代とのやり取りが増え、携帯やメールで連絡が取りづらい目上の人や上司との情報交換が減っているようです。

 

かつては上司と飲みに行くなどし、様々な年代・立場の人と話す機会がありました。そこでいわゆる助走期間の苦労話や、辛い業務経験などの経験談を聞き、視野を広げることができたのです。

 

同年代との情報交換も大切ですが、そればかりだと同じ経験レベル、同じ視野を持つ人としか交わらないことになります。
隣の芝生は青く見えるものですから、現職への不満が生まれやすいのかもしれません。

環境のせいにして自分は頑張っているの?

また企業側は、前項目で述べた「再現性」とともに「他責性」を気にします。これは、努力もせずに、与えられた環境ばかりを責めるという姿勢です。今の不況下でやりたいことがやれず転職を考える人は増えています。

 

「商業開発をしたくて不動産会社に入ったのに、この不況下ではなかなかやれない」などがよい例です。情勢が情勢だけに「この不満は仕方がない」といっ見方もできますが、その反面で、1件の契約を取るために毎日何十件も飛び込み営業を行い、「2度とない経験をしています」といって頑張っている人もいるのです。

 

周りのことに気を取られず、まずは頑張ってみる。それが自分のキャリアや転職シーンにもよい影響を与える、と考えてみるのも大切な視点です。

関連ページ

仕事に対する不満と転職理由は違う
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「自分が変えていく」という姿勢が大事
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
頑張っても評価をされない人とは?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「先が見えない」と悩むことはない!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
どうしても仕事への意欲がわかない?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
働きやすい環境は自分で作る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
意識の持ち方とその改善方法
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
住めば都。異文化への適応力
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。