MENU

とにかく気を抜かないことが大事

基本的なマナーでの失敗は大量失点につながる

応募者は「準備してきたことをきちんと話せるか」ということに意識が集中しがちですが、すでにお伝えした通り面接では第一印象が命運を左右しかねません。かといって特別なことをする必要はなく、面接官が気にするのは「ドアを開けて入ってくる際に、失礼しますとハツキリ言えるかどうか」など、基本的なマナーです。

 

荷物を断りなく椅子の上に置いてしまうこと、「どうぞ」と声をかけられる前に着席してしまうこと、などもNGです。基本的なことだからこそ、失敗してしまったときの失点が大きいとも言えます。

 

また、無意識にやりがちなのが、面接官と視線を合わさないまま入室し、着席してしまうこと。緊張して気が行き届かないのかもしれませんが、冒頭からコミュニケーションがとりづらいという印象を与えてしまいます。

面接本編以外の場でも「見られている」と意識しよう

面接以外の場所でも気を抜いてはいけません。たとえば、面接会場を訪れ受付に行ったとき、受付の人に雑な態度で接するのはNGです。面接が終わった後に、面接官が受付の人に「どんな人だった」と応募者の印象を聞くのはよくあることです。

 

「がさつな感じでした」などと伝えられてしまっては、頑張って上げた面接での印象値を下げてしまいます。

 

同じく帰りのエレベーターホールでも気を抜くべきではありません。見送りにきた面接官に「本日はお時間をいただき、ありがとうございました。ぜひよろしくお願いいたします」と発した一言が、面接官によい印象を与え、「もう一回会ってみようか」などと、よい結果を生むことがあります。

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。