MENU

面接力のつけ方3 (志望動機の伝え方)

買い手市場の決め手は「意欲」を伝えられるかどうか

「志望動機」は面接ピラミッドの頂点に位置するものであり、ここでは今後あなたが志望する会社で実現したいこと、やっていきたいことに加え、その会社がなぜあなたに合っているのか、なぜその会社でなければならないのかを伝えなければなりません。

 

つまり、志望動機ではあなたがその会社で働く「意欲」を伝えていくのです。応募者が溢れている現在の転職市場では、企業側が応募者のスキルだけでは差別化し切れない状況が強まっており、「本当にウチにきたいと思っているのか」「本気で新しい仕事に取り組みたいと思っているのか」というような応募者の「意欲」が最終的な判断を左右するようになっています。

ピラミッドの頂点をさらに半分に割る

志望動機の三角形は、その中身をさらに半分に区分けして考えるようにします。下図で示す通り、三角形の左半分は自分の経験やスキルが生かせるから、志望するという気持ち。つまり、やりたいことが御社にあるという志望動機です。

 

たとえば、「培ってきた営業のキャリアをこれからも磨きつつ、幅広い業務が経験できる御社で、将来は経営の深いところまで任せてもらえるような人材になりたい」などです。もう半分は、相手を見て働きたいと思うこと。つまり、なぜ御社か、というその企業の特徴から出てくる志望動機です。

 

こちらは、「へき地医療を含め社会貢献度の高い事業を展開している御社で、誇りを持って働きたい」というようなことです。

 

この2つをセツトにして伝えることで、よリアピール度の高い志望理由にすることができます。

 

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。