MENU

情報収集基本マナーこそ重要な要素→将来像をイメージ→質問集作成&予行演習

企業の情報収集からスタートし働く姿を具体的に想像する

面接をスムーズに進めるための準備としては、第一に「応募企業の情報収集」を改めてしておくことです。新聞や企業のホームページ、業界本を活用するなどして、「応募企業が目指す将来像」「ビジネススタイル」などについて十分な情報を集めます。

 

情報を読み込んだら、「自分は応募先の企業に入社して、どんな仕事をするのか」をイメージしていきます。そして、その将来像をゴールとして、「今の仕事と何が変わるのかL生かせる経験は何か」について、自己分析の結果や職務経歴書と照らし合わせながら、ポイントを絞っておきましょう。

 

このように一つずつ具体的に考えていくことで、応募企業に対して何を売り込むべきなのか、アピールする軸を明確にしていきます。

オリジナルの想定質問集に自分の言葉で答えてみる

応募先に売り込む軸が決まったなら、練習として独自の「想定質問集」を作成してみてください。質問の内容は、「自己紹介をしてください」などの定番のものから、「業界の現状に対し、意見をお間かせください」など何でもよいと思います。

 

その質問に対し、自分の言葉で回答していきます。ここで大切なのは、回答について「なぜ自分はそう思ったのか?」を深く突っ込んで考えていくこと。面接官の鋭い突っ込みにも、対応できる心構えをておきましょう。

 

またもう一つ大切なポイントは、想定質問の回答を一字一句丸暗記するのは絶対にしないこと。ありきたりな言を、記憶をたどりながら話す姿は、スキルのなさ、自信のなさを露呈しているようなものです。

 

また、丸暗記のため、 一度つかえてしまうと、頭が真っ白に……などといった人も多くいます。

予行演習で総仕上げ好印象を与える「話芸」を確立

面接準備の総仕上げは、「予行演習」(模擬面接)で場数を踏むことです。想定質問集が完成したら、まず問いに対する答えを声に出して話してみましょう。どう話せば自分の思いが相手に分かりやすく伝わるのか、何度も声に出しながら工夫してください。

 

それから友人や家族など身近な人に協力してもらい、30分間を目安にして予行演習をしてみましょう。
実際に相手の反応を見ながら話すことは、面接対策に有効です。
また、自分では気が付かなかった話し方のクセやおかしな言い回し、面接態度などを指摘されることもあると思います。

 

「言い訳がましい」「話が長い」などの気付きがあれば必ず修正して、相手によい印象を与える「話芸」を磨いておきましょう。

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。