MENU

過去の出来事はサブ要素、ポイントは未来志向

面援官が知りたい三大要素とは?

面接官が知りたい(チェツクしようとしている)ポイントは、次の3つです。
@即戦力かどうか
Aコミュニケーションスタイル
B働く意欲と意気込み
@は、面接ピラミッドで言えば「経歴(強み)にあたります。これまでの経験や能力・資質が、採用したいと思っているポストや人物像とマッチするかをチエツクしています。

 

Aは、面接全体を通じて、仲間としてうまくやっていける人かどうか、価値観や目指す方向性に大きなズレがないかどうかを見ています。

 

Bは、平たく言えば「すぐ辞めないかどうか(=本気で仕事をしてくれるかどうかとです。これは面接ピラミッドの「転職理由」「志望動機」を聞くことによって、新しい仕事に取り組む気持ちが本物かどうかをチエツクしようとしています。

「退職のきっかけ」は必要なし未来志向の「転職理由」を伝える

面接にあたって、応募者が特に悩むのはBを伝えるときに「転職理由をどう説明するか」です。特に「人間関係が悪い」「忙しすぎる」など、前職への不満が退職のきっかけとなった人は、この「転職理由」で苦戦する傾向があります。

 

「簡単に辞めたわけではない」ということを証明したいあまりに、面接で前職に対する不満を回にしてしまうようです。

 

しかし、面接官が知りたいのは、不満や愚痴などの「退職のきっかけ」となった過去の出来事ではありません。
「ウチの会社に入社したら、何を実現したいと思っているのか?」という働く上での意欲と意気込みを知りたがっているのです。

“Ш職の愚痴はNGプラスの意欲を伝える

ただし中には、「本当はなんで辞めたの?」と執拗に前職へのネガティブな発言を聞き出そうとする面接官もいます。ここで面接官のぺ―スに乗せられて、愚痴を言うのは危険です。

 

たとえば、「上司がワンマンすぎてついていけなかった」と愚痴をこぼせば、「この応募者はワンマンな上司がいると、仕事を投げ出すタイプ」「ウチの会社にもワンマンな人がいるから、この人は無理だ」と決めつけられかねません。

 

または「人間関係をうまく作れない」と思われる可能性もあります。この質問は、応募者の「再現性」「他責性」を見極めようとしています。受け答えはマイナス要素ではなく、あくまでプラスの意欲を伝えるよう心掛けましょう。

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。