MENU

主戦場以外の質問には時間を費やさない

不慣れな面揺菅もいる圧迫面接は軽ぐかわそう

そもそも転職面接では、人事担当者だけではなく、現場で上司となる人が面接官になることがあります。面接官が面接慣れしていないために、セオリー通り進まないことはよくあります。
たとえば、現場でタフな営業をしている人がやりがちなのが、いわゆる圧迫面接です。

 

クレーム処理などを業務とする職種の場合には、わざと威圧的な態度を取って処理能力を試そうとするケースもありますが、面接官が不慣れなために圧迫してしまっていることがほとんどです。

 

対処法は、「軽くかわすこと」です。たとえば「転職癖がついているんじゃない? どうせまた辞めるよね?」などと言われても、カツとしてはいけません。無駄な時間を費やさないよう、「そう思われてしまうかしれませんが、私は・‥」などとかわし、自分のアピールに転換していきましょう。

趣味の話での盛り上がりすぎはアピール不足になる可能性も

面接官は、選考にはあまり関係のないようなことを聞くことがあります。
緊張をほぐすためや、キャラクターを見るためだと考えられますが、この質問に対してはテキパキと答えましょう。

 

たとえば「よく日に焼けているけど、何かスポーツしているの?」と聞かれたとします。この質問は直接選考には関係ありませんので、「仕事で溜まったストレスを発散するために、サーフィンをしています」など、ビジネスに絡めて端的に答えるのがベストです。

 

時折「趣味の話で盛り上がり、面接の大半はその話だった」という人もいます。そういうケースでは、応募者は十分話と手ごたえを感じていても、結果的にアピール不足で不採用となることが多いです。

最終的に面接官の心を決める応募者の意欲

弊社が推薦した応募者に対しては、面接後に企業から、面接の合否の理由がフィードバックされます。その中で「意欲があるのか分からない」という声を多く聞きます。
この言葉からは、応募者の「意欲」が面接官の最終的な決断を左右している一方、応募者は「意欲を伝えきれていない」という現状が見えてきます。

 

面接官が「意欲が感じられない」と判断した理由としては、「ウチの企業のことを知らないようだった」というのがよくある答えです。つまり「面接への準備不足=入りたいという意欲が足りない」ということなのです。

 

繰り返しになりますが、面接は自分を知ってもらう場ではなく、売り込む場ということを意識しておきましよう。

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。