MENU

「経歴←転職理由←志望動機」でスムーズに説明

墓示的なパターンは経歴→転職理由→志望動機

「@経歴(強み)→A最職理由→B志望動糧」の順番で、面接官から質問が投げかけられるのが、最もベーシツクなパターンです。

 

この流れを把握しておくことは、面接対策ではとても重要なので、三角形の図「面接ピラミッド員左図参照)で覚えておくようにすすめています。

 

土台となるのは、@経歴(強み)です。その次にA転職理由があり、頂点にB志望動機があります。 一般的な面接では、「土台から頂点に向かって答えていく」と心掛けてください。

基本パターンをマスターすると説得力のある回答ができる

大多数の企業がこの流れで面接を進めるのには、理由があります。たとえば、IT系企業の面接官がS巨経験のある応募者Aさんに「どうしてウチを受けたの?」とBから聞いたとしましょう。

 

Aさんは響同度なスキルアツプを望める御社で働きたい」と答えたとします。質問に対する答えとしては○Kなのですが、面接官には「なんでそう思えるの?」という疑間が残ってしまいます。

 

この疑間に対して、Aさんはフ」れまで8年間、セキュリティ領域のSEとして、受託案件ごとに様々な企業に派遣されて働いてきた」とまず@を説明する必要があります。さらに、「ただ、案件ごとに担当がで技術の上積みをしたいと思っていた」とAを説明すると、「高度なスキルアツプを望める御社で働きたい」というBの回答に信ぴょう性が増すのです。

 

つまり@→A→Bの流れは、企業が「知りたい情報」を最も効率よく引き出せるパターンなのです。そして、応募者にとっても説得力ある回答をスムーズに導き出すことができます。

質問の順番が異なる応用編も基本パターンでクリアする

先程のAさんの例のように、質問の順番が違うことは十分ありえます。冒頭から「なんで辞めたの?」A)と間かれることもあります。

 

異なる順番で質問された場合でも、落ち着いて上図の三角形を思い浮かベてください。そして少し高度なテクニツクではありますが、@にいったん戻って簡潔に経歴を説明してから、Aの転職理由を答えていくように心掛けましょう。

 

まず「私がどんな仕事をしてきたか、少しお話させていただいてもよろしいでしょうか?」と相手の許諾を得ます。
それから、「OOを0年間経験してきました.その中で、00に挑戦してみたいという思いがまり転職を決意しました」と話すとスムーズな流れになります。

 

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。