MENU

2大要素は「時間厳守」と「あいさつ」

時間厳守は最低条件5分前には受付に到着

きちんと面接を受けるための最低条件は、時間を守ることです。遅刻は、勝負の時間を自分で削っている上、第一印象も悪くします。

 

夜間や休日の面接ではビルの正面入口が閉まっていることもあります。また、道に迷うなどのハプニングも想定した上で、面接当日は余裕をもって行動しましょう。受付に到着する時間は、面接開始時刻の5分ぐらい前が目安です。15分以上前ですと、ビジネスの常識としては早すぎます。

 

少しの時間でも遅れてしまう場合は、なるべく早めに「○分程遅れてしまいます」と、連絡しておきましよう。

初対面のあいさつで面接の場をよい雰囲気に

次にポイントとなるのは「あいさつ」です。コミュニケーションは作用反作用ですので、きちんとあいさつをすれば面接官もしっかりとそれに応えてくれます。

 

たとえば、入室して着席した後、ただ質問されるのを待つのではなく、自分から「○○と申します。本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます」と元気よくあいさつしてみましょう。

 

あいさつで最初に「しっかりした人だ」という印象を与えられれば、面接官も「きちんと話を聞かなければ」という気持ちになります。面接の場をよい雰囲気にするためにも「あいさつ」は大重要な役割を果たすのです。

 

また、面接では先に応募者が入室し、面接官が後から入ってくるケースがあります。部屋をノックされたら「返事すべきなのかな」と悩む人も多いようですが、必ず「はい」と返事をし、面接官が入ってきたら立ち上がってあいさつをしましよう。

終わりよければすべてよし最後のあいきつで余韻を残す

「終わりよければすべてよし」と言いますが、面接の終わり方も大切なポイントです。模擬面接をする中で、面接の受け答え自体は完璧なのに、最後のあいさつを忘れてしまう人はとても多いです。

 

「今日はお時間をいただき、ありがとうございました」という一言があるのとないのとでは、面接官に残す余韻がまったく違ってきます。最後まで気を抜かずしっかりとお礼を言いましょう。

 

応募者の中には、場慣れをしていないがため「余計なことを言わない方がいいのでは?」と思う人もいます。
しかし、お礼を言ったり、あいさつをしたりすることはビジネスシーンで当然のことです。初歩的なミスで損をしないように気を付けてください。

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。