MENU

最大公約数のフアツションがベター

マイナスからスタートするかプラスからスタートするか

ファーストインプレツション(第一印象)は、面接を大きく左右します。

 

これはみだしなみだけでなく、次項目のマナーにも言えることですが、たとえば、第一印象のよい応募者が、質疑応答の中で少しおかしな発言をしたとしても、面接官には「こちらの聞き方が悪かったかな」という心理が働くものです。

 

一方、第一印象が悪い人が少しズレた発言をすると、面接官は「ほら、やっぱリダメだ」と思ってしまうのです。面接をプラスから始めるか、マイナスから始めるか、これはとても重要なことだと理解しておいてください。

 

そのためにも男女問わず、服装や髪型など第一印象を左右する部分には注意をはらっておきましよう。

男女ともビジネススーツで無駄なノイズは極力避ける

服装は、男女とも地味な色のスーツが無難です。髪は金髪などの奇抜な色は避け、長ければしっかりとまとめるようにしましよう。男性の無精ヒゲはもちろんNGです。

 

クリエイティブ系の業界で働く人は「そんなに気にする必要があるのか?」と疑間を持つかもしれませんが、どの業界であっても配慮はしておくべきです。どんな人が面接官になるか分かりませんし、たとえ私服がOKな企業であっても人事担当者はスーツで勤務している可能性があります。

 

30分しかない勝負では、無駄なノイズは極力避けるべきでしょう。

 

アパレルからアパレルヘの転職などで、「絶対に服装と髪型で自分のセンスをアピールしたい」という人は別ですが、そこまでのこだわりがなければ最大公約数的な服装(=ビジネススーツ)で臨むことをおすすめします。

関連ページ

そもそも面接とはどういう場?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。