MENU

相手のニーズに合わせ、話す内容を編集する

面接は自分のプレゼンの場「採用」というゴールをまず意識

面接とは、自分をプレゼンテーションし、応募先の企業に売り込む場です。このことをしっかり認識できなかったがために失敗してしまう人がとても多いのです。

 

たとえば、応募者に多く見られるのが、「面接」を「自分を理解してもらう場」だと、勘違いしてしまっている人。このスタンスで望むと、「私はこうです」というようなことのみを話そうとしてしまい、うまく意欲は伝わりません。

 

なぜなら企業側(面接官)は、「自社が採用すべき人材かどうか」を見極めるため、あなたの強みやウリが、「ウチの会社に合っているか?」を聞こうとしているからです。

 

そのためにも、まず十分な自己分析と企業分析をし、「自分の強み」と「企業が求めている人材」の重なる部分を見つけ、メインにアピールしていく軸を定めなければなりません。

不採用者の半数は面接対策が不十分

あくまで主観ですが、面接で不採用になった人の半数は職務上のスキル不足や募集ポストに合わないなど、ある程度あきらめざるを得ないものが原因で、残りの半数は、面接対策不足が原因になっていると考えられます。

 

たとえば不動産営業経験者が旅行代理店の営業職に応募する際、「営業で培ったスキル」をアピールすべきところを、「不動産知識」をアピールしてしまうようなことはよくあります。

 

これは「軸」が定まらないまま面接に臨んでしまったことに問題があります。

面撮時間は30分が目安アピールの軸を決めて臨もう


面接時間は30分程度が目安と思ってください。この時間は想像以上に短いもので、「あっという間に面接が終わってしまった」という感想を持つ人は少なくありません。

 

経歴の長い人などは、自己紹介だけで20分ぐらい話をしてしまって、アピールすべきポイントがうまく話せずに終わってしまった、といったこともよくあります。

 

詳しい面接準備の手順は後の項目で説明しますが、30分という限られた時間で有効にアピールするためには、先に挙げたように自分と企業がマッチする点に焦点を絞ることに加え、「伝えるべきこと」と「伝えなくていいこと」を整理する編集作業が必要です。

 

また、ただ単に言葉の使い方を間違えている、話す順序を誤っているなど、初歩的なミスも多く見られます。もったいないミスをしないためにも、まずは何を準備すべきかを理解しておきましょう。

関連ページ

軽視すると痛い日に遭うみだしなみ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
基本マナーこそ重要な要素
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接の大まかな流れを知ろう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官もプロばかりではない!?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接官の知りたいポイントを押さえる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接をスムーズに進めるための準備
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
多仕掛けを作り、冒頭で差をつける
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
一貫性のある転職理由で説得力を増す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「意欲」を伝え、採用をつかみ取る
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
質問は挽回のチャンスである反面、大量失点の危険もあり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
面接のタブーと落とし穴はコレ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。