MENU

採用につながる面接の極意記事一覧

相手のニーズに合わせ、話す内容を編集する面接は自分のプレゼンの場「採用」というゴールをまず意識面接とは、自分をプレゼンテーションし、応募先の企業に売り込む場です。このことをしっかり認識できなかったがために失敗してしまう人がとても多いのです。たとえば、応募者に多く見られるのが、「面接」を「自分を理解してもらう場」だと、勘違いしてしまっている人。このスタンスで望むと、「私はこうです」というようなことの...

最大公約数のフアツションがベターマイナスからスタートするかプラスからスタートするかファーストインプレツション(第一印象)は、面接を大きく左右します。これはみだしなみだけでなく、次項目のマナーにも言えることですが、たとえば、第一印象のよい応募者が、質疑応答の中で少しおかしな発言をしたとしても、面接官には「こちらの聞き方が悪かったかな」という心理が働くものです。一方、第一印象が悪い人が少しズレた発言を...

2大要素は「時間厳守」と「あいさつ」時間厳守は最低条件5分前には受付に到着きちんと面接を受けるための最低条件は、時間を守ることです。遅刻は、勝負の時間を自分で削っている上、第一印象も悪くします。夜間や休日の面接ではビルの正面入口が閉まっていることもあります。また、道に迷うなどのハプニングも想定した上で、面接当日は余裕をもって行動しましょう。受付に到着する時間は、面接開始時刻の5分ぐらい前が目安です...

「経歴←転職理由←志望動機」でスムーズに説明墓示的なパターンは経歴→転職理由→志望動機「@経歴(強み)→A最職理由→B志望動糧」の順番で、面接官から質問が投げかけられるのが、最もベーシツクなパターンです。この流れを把握しておくことは、面接対策ではとても重要なので、三角形の図「面接ピラミッド員左図参照)で覚えておくようにすすめています。土台となるのは、@経歴(強み)です。その次にA転職理由があり、頂...

主戦場以外の質問には時間を費やさない不慣れな面揺菅もいる圧迫面接は軽ぐかわそうそもそも転職面接では、人事担当者だけではなく、現場で上司となる人が面接官になることがあります。面接官が面接慣れしていないために、セオリー通り進まないことはよくあります。たとえば、現場でタフな営業をしている人がやりがちなのが、いわゆる圧迫面接です。クレーム処理などを業務とする職種の場合には、わざと威圧的な態度を取って処理能...

過去の出来事はサブ要素、ポイントは未来志向面援官が知りたい三大要素とは?面接官が知りたい(チェツクしようとしている)ポイントは、次の3つです。@即戦力かどうかAコミュニケーションスタイルB働く意欲と意気込み@は、面接ピラミッドで言えば「経歴(強み)にあたります。これまでの経験や能力・資質が、採用したいと思っているポストや人物像とマッチするかをチエツクしています。Aは、面接全体を通じて、仲間としてう...

情報収集基本マナーこそ重要な要素→将来像をイメージ→質問集作成&予行演習企業の情報収集からスタートし働く姿を具体的に想像する面接をスムーズに進めるための準備としては、第一に「応募企業の情報収集」を改めてしておくことです。新聞や企業のホームページ、業界本を活用するなどして、「応募企業が目指す将来像」「ビジネススタイル」などについて十分な情報を集めます。情報を読み込んだら、「自分は応募先の企業に入社し...

面接力のつけ方1 (経歴・職歴の説明の仕方)経歴・職歴を分かりやすく説明し面接のフィールドを整備する経歴・職歴については、「自己紹介(または自己PR)をお願いできますか?」「ご経歴をお話しいただけますか?」などと間かれます。面接ピラミッドで言えば最下部に位置し、面接の冒頭で間かれやすいものです。この場合は3分を目安に話すことを心掛けます。職務経歴書に書いてあることをすべて説明しようとする人もいます...

面接力のつけ方2 (転職理由の答え方)経歴や志望動機と矛盾していないことが大前提転職理由は、面接ピラミッドでは中間に位置します。ここで最も重要となるのは、転職理由の礎となる経歴(=自己PRとして話すこと)と転職理由が矛盾しないこと、さらに志望動機と転職理由が矛盾しないことです。たとえば、大手企業の面接で転職理由を聞かれ、「前職では企業規模が大きく仕事の役割分担がきっちりしすぎていたので、もっと個人...

面接力のつけ方3 (志望動機の伝え方)買い手市場の決め手は「意欲」を伝えられるかどうか「志望動機」は面接ピラミッドの頂点に位置するものであり、ここでは今後あなたが志望する会社で実現したいこと、やっていきたいことに加え、その会社がなぜあなたに合っているのか、なぜその会社でなければならないのかを伝えなければなりません。つまり、志望動機ではあなたがその会社で働く「意欲」を伝えていくのです。応募者が溢れて...

面接力のつけ方4 (プラスになる質問の方法)最後の質問ではロスタイムの意欲を示す多くの面接では、最後に「何か質問はありますか?」と聞かれます。ここで示すべきことは、「ロスタイムの意欲」です。「質問は?」と聞かれて、「特にありません」と答えれば、それで面接は終了です。「本当に採用されたい」と思っているのであれば、その意欲を伝える意味でも一つは質問しておきましよう。最後の締めくくりの部分になりますので...

とにかく気を抜かないことが大事基本的なマナーでの失敗は大量失点につながる応募者は「準備してきたことをきちんと話せるか」ということに意識が集中しがちですが、すでにお伝えした通り面接では第一印象が命運を左右しかねません。かといって特別なことをする必要はなく、面接官が気にするのは「ドアを開けて入ってくる際に、失礼しますとハツキリ言えるかどうか」など、基本的なマナーです。荷物を断りなく椅子の上に置いてしま...