MENU

こだわりの条件でない限り、幅広さを持たせよう

「欄があるから書かなきゃ」は損をする

「欄があるから何か書かなければいけない」という強迫観念があるかもしれませんが、この欄は、「この条件が満たされなければ、勤務はできない」というこだわりの条件でない限り、条件は書くべきではありません。

 

たとえば、全国に支店を展開している企業に応募する際、「転勤はできればない方がいいな」という程度に考えている人が、「転勤不可」と書いてしまったがために、書類選考ではじかれてしまうケースはよくあります。

 

希望給与についても、「これぐらいもらえればありがたい」という理想を書いてしまいがちですが、「こんなに望まれても出せない」と取られてしまうこともあります。

 

特にこだわりがない場合は、「御社規定に準じます」と書き、幅広さを持たせておくのが正解です。 一方、転勤ができない理由がある場合は、「親の介護のため東京勤務を希望します」など具体的に理由を書き添えておきましょう。

自由スペースとして有効利用自分の弱点をフォローしておく

JIS規格のフォーマットをはじめ、「本人希望記入欄」があるものであれば、このスペースを利用してブランクや年齢などのハンディ、気になる事項のフォローもできます。

 

たとえばブランクの期間に説明できる理由があれば、「前職を退職後の2年間は、ビジネスでも通用する語学を身に付けるため、アメリカヘ語学留学しておりました」などと書いた方がよいでしょう。

 

また、志望動機で具体的な職種を挙げている場合は整合性を意識して、「希望職種=〇〇職」と書きましょう。企業側が複数の職種で同時に求人を出している場合も、採用担当者の仕分けのしやすさを考えれば、明記しておくのが親切です。

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。