MENU

ネガティブな退職理由は書く必要なし

志望動機=転職してやりたいこと面接を見据えた書き方に!

志望動機とは、「転職先で自分がやりたいこと」です。これは面接でも必ず間かれることなので、履歴書では「面接で話したいこと」をインデツクスとして簡潔に記しておきましょう。
応募者が案外はずしがちなポイントは、それが「本当にその会社でできることなのか」、また「今いる会社でできないことなのか」ということです。

 

極端な事例ではありますが、医療機器の会社に応募した人が、「将来は魚屋を開業したい」と書いてしまったことがあります。これでは採用担当者は、「それはウチの会社にきてもできないよ」「なんでウチの会社を受けたの?」と思わざるを得ないでしょう。

 

また、今いる会社でもできることを書いてしまえば、そもそも転職すること自体に疑問を感じさせてしまいます。

抽象的な表現は避ける退職理由は書く必要なし

志望理由に関しては、自己分析と企業分析を徹底的に行い、″応募する企業で″できることを書くべきです。たとえば「御社は将来性があるから」というありがちな志望動機は、「将来性のある企業はほかにもあるよね?」と受け取られかねません。

 

抽象的な表現は避け、「御社の○○の事業で、自分の経験を生かしたい」と、なるべく具体的な内容を書くようにしましょう。

 

退職理由が、前職に対するネガティブなものになるようならば書く欄がないフォーマットを選びましょう。というのも、「残業がきつすぎたため」とネガティブな退職理由を書くと、「残業がしたくないからウチを志望したの?」とマイナスな姿勢に見られることがあります。
また、「ウチも残業があるから、すぐ辞めてしまうだろう」と敬遠される危険性もあります。

 

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。