MENU

具体的な趣味。特技で人間性を垣間見せる

自分自身の人間性を示せる内容がベター

趣味や特技の欄でアピールしようと思うがために、「何を書けばよいか分からない」と悩む人もいるようです。しかし、ここに何を書くかによって書類選考が左右されるということはないので悩んだり時間をかけたりする必要はまったくありません。

 

ただし、空欄のまま提出するのはNGです。好きな本や得意なスポーツなど、この欄に書いてあることが面接で会話を弾ませるきっかけになることが多くあります。空欄ではそのような効果もない上、「空欄=意欲がない」とも思われかねません。

 

特技として、「知人や友人の誕生日をすべて記憶している」などを挙げてもOKです。他人から「すごい」と言われるもので、自分自身の人間性を少しでも見せられるものであればよいのです。

具体性を持たせイメージしやすく面接で話せることを書こう

書き方のポイントは、なるべく具体性を持たせることです。たとえば本を読むことが好きなのであれば、「読書」とだけ書くのではなく、「夏目漱石の著書はすべて読破「読書。ビジネス書を中心に週1冊程度」などと書くと、読み手は応募者をイメージしやすく、また面接で質問しやすくもなります。

 

スポーツであれば、「高校時代は甲子園を目指す」などと書くと、協調性や忍耐力を評価してもらえるかもしれません。

 

注意点としては、奇をてらったり、見栄を張ったりして、嘘をついてしまわないこと。ギャンブルなどネガティブな印象を与えるものも避けましょう。この欄のポイントはあくまで面接で会話を弾ませる内容を書くことです。
面接で嘘が露呈してしまっては、元も子もありません。

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。