MENU

業務に直結しない資格は別枠にまわす

応募職種によって取捨選択リンクしなければ趣味・特技に

資格欄には、国家資格以外のものであっても書くことができます。基本的には取得した順に上から時系列で書くものですが、取得している資格が多くある場合、応募する職種に応じ取捨選択が必要です。

 

たとえば事務職に応募する場合、「ビジネス実務マナー検定○級」などは、業務に直結するので書いておくべきです。

 

一方、取得している資格が実務系だけでなく、「アロマテラピー検○級」などの趣味系のものもあり、見づらく(多く)なるようであれば、最もアピールカのある実務系資格を際立たせるためにも、趣味や特技の欄にまわすべきでしょう。

アピールできるものは書く直結であれば勉強中もOK

基本スタンスは、「アピールできるものは書く」と思っておいてください。具体的には実用英語技能検定(英検)は3級以下であれば、あまリアピールにならないので書く必要はありません。
また、外資系の企業に応募するのであれば、準1級以上でないとアピールカはあまりありません。

 

一方、不動産業界の「不動産鑑定士」、事務系職種の「簿記検定1級」など、難易度が高い上、業務に直結するものもあります。これらに関しては、スクールに通うなどの具体的な取り組みを行っているのであれば、資格欄の最後の行や自己PRのための欄、本人希望記入欄などに、「現在勉強中」「O月取得見込み」などと書いてもよいでしよう。

 

また普通自動車第一種免許や各種英会話検定の高得点などは汎用性が高いので、業務に直結しない場合でも基本的に書いておきます。

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。