MENU

職歴欄で選考されることもある

業務内容を分かりやすく書くデータを添えてあると親切

今の転職シーンでは、履歴書は職務経歴書とセツトで出すのが一般的です。かつてほど履歴書に重点が置かれなくなったのは確かですが、応募者がとても多い場合、層歴書で大まかなキャリアをチェツクし選考することもあります。

 

つまり職務経歴書がなかった時代と同様、第一のチエツクポイントであることには変わりないので、職歴欄は分かりやすく書いておく必要があります。職務経歴書を添えて提出するのであれば、働いていた企業と主な業務、在籍期間が分かりやすく書かれてあれば問題ありません。

 

企業名だけでは業務内容が分かりづらい場合は、企業の概要や、企業規模が分かるデータ(従業員数など)を添えておくと親切です。

職務経歴書との整合性も確認細かなマナー違反に要注意

採用担当者は履歴書でブランクをチェックすることが多く、職務経歴書との整合性も見ているので、年月の間違いには要注意です。また職務経歴書と同様、アルバイト経験は職歴として書くべきではありません。

 

退職理由を詳しく書く必要はなく、自己都合の場合は「一身上の都合により退職」、前職を倒産により退職した場合などは「会社都合により退職」、契約社員の場合は「契約期間満了のため退職」などと書けばOKです。

 

社会常識を見られるポイントとしては、公務員の場合は入社ではなく「奉職」、フリーランスの場合は「開業」など、業態によって使う言葉が異なる場合があります。また、職歴の最後行には、右下に「以上」と書いて締めくくります。

 

細かなことですがビジネスマナーが間われる部分であるので注意してください。

 

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。