MENU

キャリアが短ければ、学歴欄でもアピールする

高校率業から最終学歴まで年月は正確に

転職の場合、時折最終学歴しか書いていない人もいます。ただ、企業によっては義務教育終了後の学歴を見ようとするところもありますので、高校卒業からは最低限書くようにしてくだい。

 

学歴欄を書く際に最も注意すべきなのは、入学・卒業年月の間違いです。ケアレスミスではありますが、ここでの間違いは事務能力や数字処理能力の低さを印象付けてしまいます。

 

また、全体に通じて言えることではありますが、どんな理由があっても嘘は書かないこと。転職後に学歴(経歴)詐称が発覚すれば、懲戒解雇の原因にもなります。

浪人・留年経験は書かない卒業論文や留学経験は書いても可

高校の学校名は「○○県立○○高等学校」などと正式名称で書き、大学の場合は学部。学科。専攻も省略せずに書きます。また、アピールになることは積極的に書き、そうでないこは極力書かない、というスタンスでいきましょう。

 

第二新卒の人などでキャリアが短い場合、大学の卒業論文のテーマを書きます。学生時代に留学経験があれば、留学した国や学んだ語学、勉強した内容などを具体的に書くとアピールにつながります。

 

一方、入学と卒業の年月さえ正確に書いておけば、大学の「受験浪人」や「留年」などについて記載する必要はありません。退学した場合は、「○○大学 卒業」と書くところを「○学退学」と書きます。

 

退学に関しては「家庭の事情」などやむを得ない理由があれば書き添えておきます。

 

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。