MENU

写真が全体のイメージを左右する!?

ビジュアル情報には細心の注意を写真館での撮影が原則

履歴書作成の際、最も気を配ってほしいのが「写真」です。応募書類で唯一と言っていいビジュアル情報であり、採用担当者が履歴書を手にしたときに最初に目に入るものです。この印象が応募者のイメージ全体に影響することがあります。

 

使用する写真は、原則として写真館で撮影します。人の体には癖があり、姿勢よく座っているつもりでも肩の高さが左右非対称であったり、首が傾いてしまったりしていることがあります。左右のズレや傾きは案外気になるものですので、プロに姿勢を正してもらいながら撮影するのがベターです。

 

時間がない場合はスピード写真でもやむを得ませんが、スナツプ写真を切り抜いて使うのはNG。手持ちのデジタルカメラや携帯電話のカメラで撮影した画像をプリントして使用するのも避けましょう。

男女ともビジネススーツを着用貼付の際のミスにも気を付ける

撮影の際は、男女とも濃い色のビジネススーツを着用し、男性はネクタイも忘れず着けます。男性の場合はヒゲの剃り残しや髪の寝癖などに要注意。女性は、化粧やアクセサリーを控え目にし、長い髪の毛はスツキリとまとめるようにしてください。

 

だらしない印象を与えないためには、写真を貼る際にも注意が必要です。写真のサイズが貼る場所のサイズに合っていなかったり、斜めに貼ってしまったり……というケアレスミスは意外と多いのです。

 

また、採用担当者は各応募者の履歴書を重ねて保管していることが多くあります。万が一剥がれても誰の写真か判別できるよう、写真の裏には応募した日付と氏名を書いておきましよう。

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。