MENU

戸籍や住民票の通りに書く

氏名や生年月日は戸籍通り正確に書く

氏名は、戸籍に登録されているものを正確に書きます。

 

既婚者でビジネス上は旧姓で通したい場合でも戸籍上の氏名を書きます。手書きの場合、氏名は書き慣れているだけに字体をし人が多いですが、誰でも読みやすい楷書体で書くようにしてください。

 

生年月日も同様です。西暦か和暦かは特に気にする必要はありません。

 

現状、和暦を使っている人が多いですが、間違えにくさと職務経歴書とのリンクを考えれば、西暦の方がよいかもん押印の欄がある場合は、三文判でOKなので必ず押印しましよう。スタンプ式の印鑑は丁寧さに欠ける印象があるので避けた方が無難です。

必ず連絡できる窓口を確保日付の書き方が落し穴!?

住所は、住民票の通りに都道府県から番地までを正確に書きます。集合住宅に住んでいる人は、建物の名前と部屋番号も書きましょう。

 

住所欄のそばには連絡先を書く欄が設けられているので、携帯電話など最も連絡が取りやすい番号を書いておきます。平日日中は仕事をしていて携帯電話にも出られない可能性があ合は、メールアドレスや自宅のフアツクス番号などを記しておくと親切です。

 

また、意外とミスが多いのが、欄外の日付記入です。郵送する場合は投函する日付を、持参する場合はその日付を記入します。手書きの場合、「使い回ししている」という印象を与えなように、本文に使っているペンと同じもので書く、修正液は使わない、などの配慮をしましよう。

 

また、生年月日を西暦で書いた場合はここでも西暦を使うなど、全体の表記統一も必要です。

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。