MENU

履歴書で重視されるポイント

誤字脱字や年号間違いは命取リ提出前には必ず見直しを

転職市場では、履歴書よりも職務経歴書が重要視されますので、履歴書は応募者の年齢や学歴、職務年数など、基本的な情報をチェツクするためだけのものとも言えます。

 

ただし、基本データが重要であるだけに、「年号に誤りがある」「誤字・脱字がある」などケアレスミスが命取りになることは間違いありません。採用担当者は電卓をはじきながら、「ブランクはいか」「キャリアは何年か」と細かく確認しています。丁寧さや正確さが欠けたものは、「見直しもせずに提出してきたのか」と意欲を疑われてしまいます。

 

また、ビジネス文書として最低限のマナーを押さえていることも必要です。手書きの場合、間違えたら修正液で消したりせず、新しい履歴書に書き直すのは当然のマナーです。

「きれいな手書き」であればOK読みにくい手書きは避ける

「履歴書は手書きで」という風潮がありますが、そこにこだわる必要はありません。大切なのは、採用担当者にとっての「見やすさ」と「正確さ」です。特に「手書きで」という指定がない限り、パソコンで作成してもまったく問題はありません。

 

文字を書くことに自信がある人は、手書きの履歴書がプラスのアピールになるかもしれません。美しい文字からその人の丁寧さや真面目さなどが伝わることがあります。

 

一方、文字を書くのが苦手な人は、下書きして清書したり、何度も書き直したりと、書くことに時間を要するようであればパソコンで作成した方が無難です。
つまり、履歴書はアピールにつながるのであれば「手書き」、そうでなければ自分の書きやすいスタイルで書くべきです。

 

関連ページ

フオーマットは「書きやすさ」で選ぶ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。