MENU

ポイントは、採用担当者が見やすいこと

「見やすさ」が最重要市販でもダウンロードでもOK

履歴書は、基本的な項目をチエツクするためのものなので、フォーマットで重要なのは「見やすさ」です。クリエイティブ系の職種に応募する人が、デザイン性のある履歴書を自分で作成するがありますが、あまりおすすめできません。

 

クリエイティブな業界であっても、履歴書は人事担当者や経営陣が見るものです。担当者のチエツクのしやすさも考えれば、ほかの応募者と変わらない、一般的に見慣れたものがベストしょう。

 

履歴書は「転職者用」として様々な種類が市販されていますし、ウエブからダウンロードしたものを使用してもまったく問題ありません。フォーマットにこだわるよりは、自己分析や企業研究、面接の準備に力を注ぐようにしてください。

JlS規格がベーシック項目や枠の広さを確認する

JlS規格がベーシック項目や枠の広さを確認するどのフォーマットを使用しても、基本的にそこで選考に差がつくことはないので、項目の種類や枠の大きさなど、自分の書きやすいタイプを選びましょう。

 

最もベーシックなのは、JIS規格のフォーマットです。特徴は「志望動機、特技、好きな学科、アピールポイントなど」というように項目がまとめて書き込めるようになっていること。また「学歴・歴」の欄が広く設けられており、キャリアの長い人には書きやすいレイアウトになっています。

 

そのほか、「志望動機Lスポーツ・クラブ活動。文化活動などの体験から得たもの「特技など」とそれぞれ項目が分けられているものもあります。キャリアの浅い第二新卒の人は、職歴以外とも詳しく書けるので、こちらの方が書きやすいかもしれません。>

関連ページ

「見やすさ」と「正確さ」にこだわる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
氏名や住所は正しく読みやすく!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
ビジュアル情報で印象値を上げる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アピール点は積極的に書き、書かなくてよいことは書かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
履歴書の第一チェツクポイントは職歴!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
資格は取捨選択で、アピール度をUP!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
趣味・特技は会話を弾ませるフック!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
志望動機は面接用のインデツクス
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
本人希望記入欄には補足情報を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。