MENU

覚悟と自覚、前向きな意欲を持って、日標に向かおう

アルバイト経験は職歴に入らない厳しさを覚悟して臨むべし

年齢にもよりますがアルバイト経験しかない場合、応募先はかなり絞られます。
なぜならば、アルバイト経験は普通、職務経歴とみなされないからです。

 

採用担当者が書類選考でアルバイトの経験や中身をじっくり見ることは少ないので、派遣社員や正社員などの経験があればアルバイト経験は略すことになります。
ごくまれにある、応募先アルバイト経験の接点があり、アピールになるような場合は、自己PRで補足として書く程度です。

 

アルバイトしか経験がない場合は、アルバイトの職種に応じてそれぞれのポイントを押さえた職務経歴書を書きましょう。とにかく書類通過は極めて厳しいという覚悟を持って、目標に向かってください。

ネガティブな疑間には自覚と前向きな意欲で答える

まず企業側は「正社員として働けるのか?」というネガティブな疑問を持っていることが多いです。
この場合、有効に活用すべきなのは、自己PRです。

 

目標を持ってアルバイ卜という選択肢を選んできたのであれば、そのことを正直に書きます。たとえば「大学卒業から3年と期間を決めてミュージシャンを目指しました。経歴としては劣るかも今後は正社員としての仕事に音楽活動に向けていた情熱を注ぎます」と入れると、経歴に関する自党と前向きな意欲を伝えることができます。

 

職務経歴は、たとえば店員・販売員として働いていた人であれば、正社員と同様に工夫していた点、またそのことが成績や評価にどう結びついてきたのか、ということを応募先の二―ズを意て書きましょう。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。