MENU

高いハードルは、前向きな自己PRで乗り越える

働き方への偏見は仕事へのスタンスで打破

派遣社員は企業側の都合で雇用形態が異なるだけで、業務内容は正社員と変わらない場合が多くあります。そういう意味では、それぞれの職種のポイントを押さえた職務経歴書を作成すれば問題ありません。

 

ただ派遣社員の人の中には、時間の融通を利かせるために自ら派遣という形態を選んでいる人もいますので、リスクに目がいきがちな企業では、「派遣の人は残業がキライ?」などと敬遠される場合もあります。

 

このため自己PR欄では、「業務に対する真剣な姿勢」や「今後取り組みたいと思っていること」など、正社員として働く心構えは十分にありますといった意欲を盛り込んでおくとよいでしょう。

 

本音として、待遇面の改善を期待し、正社員にと思っている人もいるでしょうが、それはあえて職務経歴書に書く必要はありません。

派遣先の羅列はNG役割とスキルを具体的に見せる

いろんな職場で働いてきた人がやりがちなのが、「〇年○月からリクルート」「〇年○月からリクルートエージエン卜」など、派遣された職場の羅列だけに終始してしまうことです。

 

採用担当者に見せるべきなのは、「どこに派遣されていた」ということではなく、その過程の中で「果たしてきた役割」と「培ったスキル」です。経理を中心に働いてきた人であれば、時系列で成長度合いが見えるようにまとめ、その中での働き方や評価などを書き添えるとよいでしよう。

 

派遣先。派遣元は省かず書かなければいけませんが、複雑な場合は「〇年間、経理を○社で経験してきました」などと、職務経歴の前に職務要約を付けると分かりやすくなります。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。