MENU

「すぐ辞める」というイメージを払拭しよう

1枚に満たないものはNG実績には詳細なプロセスを足す

第二新卒の人からは、「書くことがない」という相談をよく受けます。ときどきA4判の用紙に半分ぐらいしか書いていない職務経歴書をそのまま提出してしまう人がいますが、これが一番よくありません。

 

営業職であれば、短い経験であっても経験を買おうとする企業はありますから、「営業成績が○人中○位」など、業績や成果を含め、職務経歴もしっかりと書きましょう。
1年目で転職する場合は、研修の内容(たとえば、ビジネスマナーを学んだ、など)も書いてよいと思います。

 

実績を書く場合は1行で済ませるのではなく、工夫してきた内容などのプロセスを細かく書きます。実績が出ていないのであれば、「なぜ出なかったのか」をどう考え、改善のためにどう行動したのか、などをエピソードとともに書けば、1枚〜1枚半の職務経歴書は書けるはずです。

反省と意欲は自己PRに込める

基本的に心得ていてほしいのは、自己都合で退職した場合は、第二新卒者に対して、採用担当者は「またすぐ辞めるんじゃないの?」と思うということ。

 

自己PRでは、「新卒のときはあまり考えないで就職してしまった」という反省や、「今度はしっかり働きたい」という意欲を伝えるようにしましよう。「短い期間ではありましたが」などの言葉で、自覚していることを表してもよいでしょう。

 

また、第二新卒者に限っては、自己PR欄が半分程度を占めてもかまいません。ただし、ダラダラとした文章になってはいけません。文章は簡潔にして、段組みや小見出しを付けることで、読やすさに配慮しましょう。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。