MENU

店舗ごとの課題と取り組みで好印象を与える

転勤・異動歴は省略可アピールできる職歴を書こう

特に多いNG例は、「〇年○月から○○店」など、店鋪名の履歴だけを書きつらねてしまっているものです。事実なのでしようが、採用担当者はそこを知りたいわけではありません。

 

チエーン店を展開している企業などに勤め、転勤や異動が多かった場合は、「〇年○月から○○店、○○店などの店長を勤めた」「〇年○月から○○エリア3店舗で店長歴任」など、まと書いてもよいでしよう。

 

一方、「店員から副店長へ「副店長から店長へ」など、自分の役割が変わった場合は、成長度のアピールにつながりますので書くべきです。

 

また、営業職と同様、職務経歴には年間売上績やマネジメントしてきた人数など数字は必ず入れましょう。キャンペーン企画の実施、アルバイトの教育担当などを書かない人が多いのですが、立派なキャリアですので書かなければ損です。

競合店との差別化の工夫は「鍛えられている」印象に

外食・アパレルの店舗に勤務していた場合、近隣にある競合店との差別化に苦心するケースが多いと思います。

 

たとえば、「デイスプレイを変えた「店員のモチベーションを上げるためにイベントを行った「広告を工夫した」など、差別化するために工夫したエピソードがあれば必ず書き加えましょう。

 

さらにその成果が出ているのであれば、「強い店長」という印象を与えることができます。副店長や店員の立場だった人でも同様です。また、売上課題だけでなく、店舗のあるエリア、客の性店員の規模によって、課題は様々です。

 

それぞれの課題改善のためにとった行動は、アピールにつながる可能性が高いです。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。