MENU

アピールポイントは応募先に合わせて柔軟に変える

職務要約を付けて複雑な経歴を整理

マーケテイング職は、「商品企画」「販売促進」「 進行管理」「ウエブプロモーション」など、とりわけ扱う範囲が広い職種です。広範囲でキャリアがある人は、その中でも「どの分野がウリであるか」を明確に示す必要があります。

 

たとえば、先に挙げた全分野を経験している人であれば、冒頭で職務要約を入れると親切です。「商品企画を〇年、販売促進を〇年、進行管理〇年、ウエブプロモーション〇年」「特に品企画に自信があります」などとアピールポイントに焦点を絞っておきましょう。

 

職務経歴には、その分野での「役割」と、プロジェクトの概要・目標やその「成果」について、項目を整理して書き加えます。

全体の一貫性がポイント応募先に合わせてテーマを絞る

業務が多岐にわたっている場合、特に重要なのが職務経歴書全体に一貫性があることです。

 

たとえば、職務要約で「販売促進に自信がある」としているのに、職務経歴には商品企画のこばかり書いてあり、自己PRは進行管理経験のアピール、となれば全体として何を言いたいのかよく分からない書類になってしまう恐れがあります。

 

この状態を防ぐためには、アピールポイントを定める必要がありますが、これは応募先ありきの問題です。商品企画のポジションを募集している企業であれば、商品企画にエピソードや成果を集中させましよう。

 

ただし、特に中小企業の場合は、「幅広く仕事ができる人」を求めていることもあります。その場合は、「いろんなことをやってきた」といつことがウリになりますので、それぞれの成果やエピソードを添える必要があるでしょう。

 

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。