MENU

スキルや作業環境のマッチ度を分かりやすく示す

「何ができるか」を最重要視時系列でキャリアを見せる

製造系の技術職と同じくIT系の技術職も、専門知騰が問われるのが大前提となります。ただ製造系の技術職以上に「何ができるのか」というスキルを重視される職種でもあります。

 

そのためにも職務経歴の欄にはどんな言語を使っていたのかといった「作業環境」が分かりやすく書かれていることが必須条件です。

 

さらに「どんなことに重点的に関わってきたのか(プログラミング、詳細設計などご尋ノロジェクトメンバー数と自分の役割」が漏れなく記載されてあればOKです。

 

また、時系列でまとめると分かりやすい職種でもあります。スキルアツプしていく過程を時系列ですっきりと示していきましょう。

上流工程を担当していたならポータブルスキルもアピール

IT系技術職は「顧客からの要望をシステムにしていく」ものであり、営業に近い面もあります。そういう意味では、「調整力」などのポータブルスキルをアピールする必要もあります。

 

たとえばプログラミングだけでなく、顧客の要望を直接聞き、現場に伝える上流工程まで担当していたのであれば、自己PRをある程度厚めにする必要があります。

 

「顧客の要望を受け、具体的なシステムを考えて提案していた」など、職務経歴では伝えきれない部分の補足をしておきましょう。

 

一方、プログラマーの人であれば、自己PRを重視する必要はありません。ただときどき自己PRに「○○という経験」など言い切り型でぶっきらぼうな書き方をしてしまう人がいます。これではたとえスキルが高くても、マイナスなイメージを持たれてしまいかねませんので気を付けてください。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。