MENU

担当業務がしっかり書かれていることが大前提

分かりやすいレイアウトが肝表組みを有効利用しよう

技術職はとりわけ担当業務がきっちりと分かれています。採用担当者もピンポイントの経験を持った人を求めていることが多いので、職務経歴の欄を作る場合は経験した業務が一目で分かるように気を配ましょう。

 

「担当した期間」「扱ってきたもの(担当製品)」「担当した工程(担当した業務内審)」「果たした役割」をセルに分け、簡潔に説明していきます。

 

ここに「製造コスト○割削減」「新規商品の開発に携わり、○件の受注につながった」などアピールできる成果について、数字を交えて書くのもよいでしよヽつ。

 

同じ業界内での転職であれば、「振動解析技術のテスト導入」など固有名詞で伝わりますが、異業界への転職であれば「切削加工中の振動抑制について、監視システムを導入」などと、分かりやすく表現する配慮も必要です。

キャリアチエンジは難易慮高同じ業界であれば接点をアピール

技術職は専門性が高いために大きなキヤリアチエンジが難しい職種です。特に20代後半になると転職成功のハードルは上がります。

 

ただし、同じ業界内で職種だけ変えようとするのであれば、「業界知識」「製品知識」「工程の理解」などを接点とすることができます。たとえば、「技術現場の考え方が理解できるます」と、スキル(生かせる経験知識。能力)の欄でアピールしてもよいでしよう。

 

製造業から出版社へというように、まったく違った業界への転職は、やはり採用担当者も「なぜ?」と疑間に思います。その場合は、なぜその仕事がやりたいかが書かれた、志望動機書を別添として提出するのも一つの手です。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。