MENU

自己PRで面接への期待値を上げる

職務経歴は時系列でスツキリまとめるのがベスト

職務経歴は、時系列にまとめるのがおすすめです。入社当初の職歴が「伝票整理」だけだったのが、最終的には「連結決算担当」となれば、成長の過程が分かりやすく見せられます。

 

この場合、どこまでの関わり方をしたのか、「月次決算を担当「連結決算まで担当」など、自分の役割をきちっと見せることが大切です。

 

事務系の職種であっても具体的な数字を入れることは、イメージのしやすさをアツプするポイントです。総務であれば「コスト〇%カットを実現した」など、経理であれば「決算期間○週間短縮」などと成果関わる具体的な数字を、アピールしたい部分に添えると効果的です。

 

スキル(生かせる経験・知識。能力)の欄については営業職に比べ、具体的に書きやすい資格などが多いので、分かりやすくスッキリまとめるのがベストです。

自己PRでは「面接で聞かれたいこと」を書く

事務系の人からは「自己PRに書くことがない」という相談がよくあります。この場合は「面接で聞かれたいこと」を書くようすすめています。

 

たとえば人事のマネージャーで「まったく人事に関心がない人が配属されてきた」とすれば、「人事業務と会社の業績との連動性を意識させるようなマネージメントをしてきました「会社との一体感を持てるようイベントを実施しました」など、職務経歴には書きにくいけれども、面接では聞かれたいことに少し触れておくのです。

 

また、スペシャリスト志向の人であれば、「今の会社では月次決算しか担当できず、連結決算まで任せられる仕事をしたい」など、志望動機につながる一文を入れてもよいでしょう。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。