MENU

異業種・異職種からの転職は、「接点」を切り出す

営業職←営業職は業績を+α分かりづらい接点は自己PRに

営業職から営業職への転職であれば、職務経歴で「誰に(個人か法人かご「何を(商品ご「どのように(新規開拓かルート営業か」という要素と、売上などの業績や成績を客観的に分かりやすい数字で書いていきます。

 

業界が異なる場合は、プラスアルファとしてキャリアと応募先との接点を加えます。たとえば不動産の営業職から自動車の営業職に転職する場合、「じっくりと関係を作りながら販売する

 

営業スタイルは自動車の営業でも生かせる」などと「売り方」で接点を切り出すこともできます。
このプラスアルフアについては、職務経歴に書ききれないこともあるので、そのほかの欄に記入することで補足してもよいでしょう。

神圭←営業職。意外な接点が成功を呼び込むことも

まったく異なる業界・職種から営業職へ転職する場合、採用担当者は普通「なぜ?」と考えますので、それに回答しなければなりません。

 

たとえば、神主のAさんが営業職に転職したいと相談にきたことがありました。私も最初は驚いたのですが、話を聞くと元旦にいかに人を集めるかという目標数値を持ったプロモーション企画をしたり、結婚式企画・アドバイス。見積もりの作成をしたりしている。

 

出入り業者との折衝も日常業務の一つであり、Aさんは営業職で生かせるスキルをたくさん持っていたのです。

 

職務経歴書でAさんは、営業に生かせるスキルをクローズアツプし、職歴だけでは伝わりにくい部分は自己PRで補足しました。採用担当者も気付かなかった接点にコ思外性」と「面白み」を感じ、面接にばれ、最終的には採用に至りました。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。