MENU

接点を意識して、アピール度を上げる

応募先に合わせて取拾選択アピールポイントは明確に

最も重要なポイントは、応募先との接点を意識して書くことです。特に異業界へ転職しようとしている人に多いのが、あれもこれもと書いてしまったために本来アピールしたかったことが埋もれて見えづらくなることです。

 

たとえば、保険業から飲食業に転職しようとしている人は保険に関する知識や資格をアピールしてもあまり意味がありません。

 

採用担当者としては使いようのないスキルを書いてきたことで、「ウチの会社のたに作った職務経歴書ではない(=意欲がない)」「スペースを埋めるために書いた」など悪いイメージを抱きかねません。

職務経歴書作成にあたっては、まず自分のスキルを思い出せる限り書き出します。それから応募する企業で生かせるものかどうか取捨選択し、 一番アピールしたいものを上から順に書いていくとよいでしょう長さで言えば一つのスキルにつき34行で、3点程度挙げれば十分です。

ポータブルスキルはエピソードで証明

ありがちな失敗例としては、「コミュニケーションカがある」などと一言しか書かないこと。「コミュニケーションカがある」と言われて、そのまま信じるお人好しな採用担当者はあまりいません。

 

必ずビジネスを通じたエピソードを添え、「なぜその力があるのか」を裏付けする必要があります。

 

事務職や技術職の人が同業界同業種へ転職する場合は、専門性が高い分野ですので、使用できるソフトや保有する技術などを1行書けば伝わるケースもあります。
しかし、業界や業種が異なり、採用担当者が専門用語を理解できない可能性があるならば、説明やエピソードを添えた方が無難です。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。