MENU

「具体性」と「メリハリ」で分かりやすくまとめる

「誰に「何を」「どのように」数字を交えて具体性アップ

職務経歴の冒頭には「在籍期間「会社名」「従業員数」の基本項目に加え、上場か非上場か、事業概要、資本金、直近年度の売上高など、前職の概要を入れます。これは今まであなたが活躍してきた舞台です。

 

事業規模が大きいか小さいかで、り―ダー経験一つをとっても、役割や働き方が違ってきますので、必ず書き添えましょう。
それを押さえた上で、「誰に「何を」「どのように」を書きます。さらにプラスアルフアで「数字(売上、期間短縮、コスト削減などとを交えて具体的に書けば、アピール度は増します。

 

たとえば、教材の営業をしていた人は「個人に「教材をL新規開拓で」「売上高○万円」と書きます。ただし、異業種異業界の転職を目指すならば、「目標達成率〇%「○か月連続目標達成」など、客観的に分かりやすく書く必要があります。

 

経理をしてきた人ならば「10%のコスト削減に貢献L決算期間を2か月短縮」など、時間や額を入れます。

アピールポイントを絞リメリハリを付ける

キャリアの長い人に特に気を付けてほしいのは、自分が強くアピールしたい部分にはエピソードを添えるなど厚みを持たせ、 一方でアピールしても仕方のない部分は1行にとどめるなどして、職務経歴にメリハを付けることです。

 

40歳以上の人が、社会人になりたての頃から詳細に書いていくと、膨大な量になってしまいます。20年前の部分は圧縮し、近い経歴のボリュームを厚くするべきです。

 

また、営業職への転職を目指す人が、「営業経験7年、直近の2年は事務職をしていた」という場合は、営業経験に厚みを持たせましょう。

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。