MENU

キヤリアの複雑さは職務要約でスッキリ整理

基本的に編年体式がおすすめキャリア式はリスクあり

職務経歴書のフォーマットは基本的に時系列で職務経歴を書いていくオーソドックスな「編年体式」をおすすめしています。編年体式は、時系列でキャリアを積んだ過程が書けるので、成長度合いを見せやすい特徴があります。

 

一部の企業では、アピールしたいポイントを冒頭にまとめて書く「キャリア式」というものが求められることもありますが、特に指定がない限り、編年体式で書いた方がよいでしょう。
というのは、現状ほとんどの応募者が編年体式で書いているからです。

 

採用者側は何人もの応募者の職務経歴書を並べて見ますので、 一人だけキャリア式となると「見づらい」と感じてしまうリスクがあるのです。

キャリアが複雑な場合はインデツタスを付ける

編年体式のデメリットは、キャリアが複雑な場合、キャリアの「核」が見えづらくなってしまうことです。

 

たとえば、キャリアが長い人は、「営業職を5年やって事業企画を2年、経営企画を1年やった後、営業に戻り1年経った」など、様々な職種を経験していることが少なくありません。

 

このようなケースの場合、経歴を時系列で見せられても、パツと理解することができないのです。
こういう人には、インデツクス的な役割である「職務要約」を添えるようおすすめしています。

 

先の例を職務要約に落とし込むと「営業の経験が6年、事業企画。経営企画の経験が3年あります」となります。

 

この記述があれば採用者側は「営業中心で、企画系の経験もある人」と認識でき、営業職のポジションを募集しているのだとすれば、営業の項目を中心に見ていくことができます。

 

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
盛り込むべき内容には一貫性を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。