MENU

主役は「職務経歴」。「スキル」と「自己PR」は脇役

自己PRは職務経歴を補足する役割にすぎない

職務経歴書には、職務経歴、スキル(生かせる経験。知識・能力)、自己PRを盛り込むのが定番です。

 

採用担当者が応募者の職務経歴書を読んでいく流れとしては、まず職務経歴を読みます。それからもう少し深く理解しようと思えば、スキルをチェツクし、追加の情報として自己PRを読む、というのが一般的です。

 

採用担当者が最も興味を示すのが職務経歴で、ここが過不足なく、分かリやすく書かれていることが最低限必要です。職
務経歴は主役で、そのほかは、主役をより魅力的に見せる告知や脇役と考えてもよいでしょう。

スキルは接点を意識して書く

スキル(生かせる経験。知識・能力)や資格は企業との接点を意識して書きます。
企業が求めるものとあまりにもかけ離れたスキルが書かれてあると、企業は「なぜ、ウチの会社なの?」と疑問を持つか、興味を失ってしまいます。

 

自分の経験や能力の中で、企業が必要とするようなもの、つまり企業ニーズとマツチしたスキルに焦点をあてて書いていく必要があるのです。
たとえば、映画の告知を想像してみてください。「○○が主役の映画」という記述だけでは、その人のファンでない限り、「ぜひ見たい」とは思いにくいでしよう。
そこに「こんな見どころがあります」という情報があってこそ、見たいという意欲がわくものです。

エピソードを添えてよリイメージしやすく


最後に自己PRでは、職務経歴やスキルの相で書いたことに厚みを持たせるようなエピソ‥ドを盛り込むとよいでしよう。
営業職であれば、スキル欄に書くこともありますが、基本的に自己PRに書くと思っておいてください。

 

たとえば、コミュニケーションスキルがあるのであれば、どんなところで誰を相手に、どのようにしてそのスキルを役立ててきたか? ということを具体的なエピソードを交えて盛り込んでいくのです。そうすることで、職務経歴に書かれたことがイメージしやすくなります。

 

つまり自己PRはあなたの経歴を補足する名脇役なのです。たまに自己PRに力を入れすぎてしまい、ぎっしりと書いてしまう人がいますが、あくまで職務経歴で伝えきれなかったことなどを補足するものと考えてください。

 

脇役が目立ちすぎては、せっかくの話も台無しになってしまいます。

 

関連ページ

企業に響く職務経歴書のポイント
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
フオーマットは編年体式で決まり
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
職務経歴はすっきり見やすく
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
スキルは接点。これに尽きる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
自己PRは力を抜いて書こう
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
営業職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
経理・事務職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
lT系技術職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
マーケティング職のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
流通・食品・外食のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
第二新卒のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
派遣社員のポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
アルバイトのポイントはココ
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。