MENU

客観的な視点で、自分と企業のマッチする点を絞り込む

分かりにくい求人票を分解して理解する

企業の求人票は、見慣れていないとどこをどう見てよいのか分からず、情報をつかみにくいものです。企業分析の手法の一つとして、求人票を分かりやすくカテゴリー分けしていく「因子分解」という方法があります。

 

因子分解で使用するフレームは「職務環境」を理解するためのものと、営業職向けの「仕事」を理解するためのものの2種類があります。

 

「職務環境」を理解するためのフレームでは、求人票に書かれている要素を「どこで(組織)」「何を(職務)」「どのように(スタイル)」に分けていきます。「仕事」のフレームでは、「誰に(顧客特性)」「何を(商品・サービス特性)」「どのように(営業特性)」に分けます。

自分のキャリアを因子分解しマッチ度を確認する

自己分析の過程であらかじめ行っておいてほしいのは、このフレームを活用した自分のキャリアの園子分解です。
求人票の因子分解ができたら、自分の経歴を因子分解したものと照らし合わせてみましょう。

 

客観的な視点で自分と企業とのマッチ度を確認することができ、書類作成時や面接時にアピールすべきポイントを絞り込むことができます。
たとえば、営業職の因子分解フレームで、求人票と自分の営業特性がすべて合致していれば、マッチ度は高く、これまでのキャリアを最大限に生かせますので、応募した際に強くアピールできます。

 

また、営業特性でマッチしていなくても、顧客特性や商品・サービス特性で多くマッチしていれば、そちらで培った経験を生かせることを重点的にアピールしていくことができます。

関連ページ

職歴が重視される転職シーン
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
あなたのウリとなるスキルは何?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「やってきたこと」をアピールしても採用には届かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
仕事のエビソード中に埋もれていた自分を洗い出す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
客観的に整理&表現してみる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
企業分析ではなく「企業観光」を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
企業と自分のマッチする点を探し出す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。