MENU

自分だけの感動をもとに、ほかに差がつくアピールを

相手に合わせて、自分のアピールポイントを選ぶ

転職活動は相手があるもの。自己分析をしっかりしていたとしても、応募企業が求めているものではないことをアピールしてしまっては、元も子もありません。
応募の際は求めている人材像なども含めて、企業の情報をできる限り調べ、自分が何を重点的にアピールすべきかを明確にしておきましょう。

 

情報を得る手段は、10年前に比べると格段に充実しています。転職エージエントに聞くこともできますし、ほとんどの企業はホームページを開設しています。
社長がブログをつづっている場合もあるので、必ずチエツクしましょう。

興味がない業種でも、感動できれば志望動機になる

営業職で転職しようとしているAさんに、機械製造業の老舗、B社を紹介したことがあります。

 

ただAさんは、まったく機械に興味がなく、また「新しく市場などを開拓していく企業で働きたい」という思いがあり、B社への応募に乗り気ではありませんでした。
そこで私は、「とりあえずB社のホームページを見てみては?」とおすすめしました。

 

次に会ったとき、Aさんは「ぜひB社に応募したい」と前向きになっていました。理由は「ホームページの社長の理念に感動した」とのこと。
その理念には、「自社はパイオニア精神を大切にしている」として、液晶テレビを組み立てる会社として、数十年前に立ちあがった旨が書いてありました。

 

AさんはB社の先見性や、「パイオニア精神」という自分の意向とマッチするキーワードを見つけたのです。
面接の際にもAさんは、この理念を読んだときの感動を企業側に伝え、最終的に採用に至りました。

企業観光であなただけの志望動機を見つける

企業を調べるときは、「研究」「分析」などと堅く考えず、「観光」する気持ちで楽しむことが大切です。企業の運営するお店があるならば、実際に行ってみるのもよいでしよう。

 

ポイントは企業のホームページの情報や製品の売り場から、「もし自分が働くとしたら」ということをイメージし、それを自分の言葉でとらえ直すことです。単に受け売りの浅いネタでは、ほかの応募者と似たりよったりのアピールをしてしまいかねません。

 

また、売り場や社屋に実際に足を運んでみると、そこで働いている人の雰囲気が感じられ、さらには感動できる何かに出会える可能性があります。
そうすれば自然と自分の言葉として表現できるようになります。

 

関連ページ

職歴が重視される転職シーン
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
あなたのウリとなるスキルは何?
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「やってきたこと」をアピールしても採用には届かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
仕事のエビソード中に埋もれていた自分を洗い出す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
客観的に整理&表現してみる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
企業と自分のマッチする点を探し出す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
求人票を因子分解してみる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。