MENU

テクニカルスキルとポータブルスキルを把握する

書類選考で重要になる「テクニカルスキル」とは?

転職シーンにおける「ウリ→スキルとは、「テクニカルスキル」と「ポータブルスキル」に大別されます。

 

テク二カルスキルとはその名の通り、専門的な知識・技術のことを言います。
業務経験や職務経験、資格など、比較的書類に書きやすいもので、特に書類選考で重要になるところです。

 

具体的には、「簿記3級」「TOEIC750点」といったビジネスで役に立つ資格やPCスキルなどがテク二カルスキルに含まれます。また、「経理で年次決算を3年担当」「人事で給与計算5年」といったものも含まれます。

技術系と事務系はテクニカルスキルを最重要視


一般的には、専門的な知識が業務に欠かせない「技術系」と「事務系」がテクニカルスキルを最重要視する傾向にあります。

 

また近年、企業側がより詳細なテクニカルスキルを求めるようになっています。たとえば、これまで「メーカーで連結決算をしていた経験のある方」と求人を出していた企業が、「メーカーで連結決算を国際会計基準でしていた経験があり、英語力がある方」と募集条件を増やすなど、求める人材の幅がかなり絞られてきているのです。

 

特に事務系は人気が高いので、企業側が募集要件を増やし、ピンポイントで人材を求める傾向が強いと言えるでしよう。

異業界・異職種への転職はテクニカルスキルをゼロリセツト

求められるテク二カルスキルは、業界や時代、職種に応じて、まったく性格が異なります。

 

たとえば、人事部で毎年採用を担当し、10年のキャリアがある人は、「採用経験10年」というスキルを持っていることになり、採用経験者を募集している企業の求人においては強みになるでしよう。

 

しかし、営業職を募集している企業にとっては、このスキルはあまり必要ありません。
また、「10年前に社内広報誌の作成を担当」というスキルは、今通用するかどうかが微妙なところです。

 

時間が経過しているので、使用するマシンやシステムが変わっていることも考えられます。

 

異業界・異職種へ転職する場合、このテクニカルスキルがゼロからリセットされることになります。ですから書類選考の段階で不利になると考えられます。
20代であれば若干の可能性はありますが、30代になるとり―ダー候補としての求人になることが多いので、大きなリスクが伴うと覚悟しておいた方がよいでしょう。

ポータブルスキル」とは?

テクニカルスキルの礎となるのが、ポータブルスキルです。その名の通り、業界・時代・職種にかかわらず「持ち運び可能な」スキルを言います。

 

このポータブルスキルは、「ヒューマン(対人)と「セルフコントロール(対自分)「タスクマネジメント(対仕事)」と対象別にカテゴリー分けできます。

 

まず「ヒューマンスキル」とは、「他者との関係を正しく良好に構築していく力」です。「コミュニケーションカ」はこれにあたり、この力が欠けていればほかのスキルがどんなに優れていても、転職の成功は難しいかもしれません。

 

「セルフコントロールスキル」とは、「自分自身をマネジメントする力」

 

「タスクマネジメントスキル」とは、「仕事をマネジメントする上で必要な思考や行動の力」です。

 

現時点で自分はどの力が強いのか、またどの力が不足しているのか、確認してみてください。

ポータブルスキルが採用に近づくカギ

テク二カルスキル偏重の転職市場とはいえ、面接後の企業側の評定を見てみると、「粘り強そう」「周囲とうまくやっていけそう」「スピード感がある」「確実に仕事をしてくれそう分析力に長けている」など、ポータブルスキルが評価されていることがほとんどです。

 

ポータブルスキルは職務経歴書などの書類上でアピールしづらいものですが、面接ではポータブルスキルが重視されると思っておいてください。
ただ、ポータブルスキルについては、主観的に判断しやすいので、注意も必要です。

 

言い換えれば、ポータブルスキルを「いかに客観的に分かりやすく相手に伝えられるか」が、採用に近づくカギと考えられるでしよう。

関連ページ

職歴が重視される転職シーン
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
「やってきたこと」をアピールしても採用には届かない
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
仕事のエビソード中に埋もれていた自分を洗い出す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
客観的に整理&表現してみる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
企業分析ではなく「企業観光」を!
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
企業と自分のマッチする点を探し出す
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。
求人票を因子分解してみる
転職は、面接で自分を出して、企業から欲しいと期待されるところで働くのが一番です。そこでどう立ち居振る舞うかの方が重要です。仕事との出会いが、人との出会いにつながり、新たなチャンスを創りだすのです。